メアリー・ブレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・ブレアMary Blair1911年10月21日 - 1978年7月26日)は、アメリカ合衆国出身の芸術家

ウォルト・ディズニー社の仕事で知られる。『不思議の国のアリス』の映画化作品など、ディズニーの数々の絵を作り上げた。

略歴[編集]

1911年、アメリカのオクラホマ州に生まれる。高校卒業後、サンノゼ州立大学に進学し、アーティストを目指すようになる。また、シュイナード芸術学校では水彩画を学ぶ。卒業後にリー・ブレアと結婚し、1939年、ディズニースタジオに所属する。

2年後に一時的に退職するが、すぐに復帰し、新作の製作のための南米視察旅行に参加する。この旅行中にウォルト・ディズニーに才能を認められ、ディズニーの作品に多くかかわるようになるも、1953年に退社、広告イラストなどの世界に活動の幅を広げた。

製作に携わった作品[編集]

アメリカ公開年
日本公開年
邦題
原題
担当 備考
1943年
1957年
ラテン・アメリカの旅
Saludos Amigos
色彩設計
1945年
1959年
三人の騎士
The Three Caballeros
色彩設計
1946年 メイク・マイン・ミュージック
Make Mine Music
色彩設計
1948年 メロディ・タイム
Melody time
色彩設計
1949年 わが心にかくも愛しき(私の心よ)
So Dear to My Heart
色彩設計
1949年 イカボードとトード氏
The Adventures of Ichabod and Mr. Toad
色彩設計 日本未発売DVD「The Madcap Adventures of Mr. Toad」に収録
1950年
1952年
シンデレラ
Cinderella
色彩設計
1951年
1953年
ふしぎの国のアリス
Alice in Wonderland
色彩設計
1953年
1955年
ピーター・パン
Peter Pan
色彩設計
1959年
1960年
眠れる森の美女
Sleeping Beauty
色彩設計

アトラクション製作[編集]

参考文献[編集]

  • 増田春雄 「メアリー・ブレアの生涯」『美術手帖』 2009年8月号、美術出版社、108-113頁。

外部リンク[編集]