ミゲール・デルトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲール・デルトロ
Miguel Alfonso del Toro
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 メキシコの旗 メキシコソノラ州オブレゴン
生年月日 1972年6月22日
没年月日 2001年10月6日(満29歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 MLBドラフト外
初出場 MLB / 1999年4月6日
NPB / 2001年4月14日
最終出場 MLB / 2000年10月1日
NPB / 2001年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ミゲール・デルトロMiguel Alfonso del Toro1972年6月22日 - 2001年10月6日 )は、メキシコソノラ州出身のプロ野球選手。1999年から2000年までサンフランシスコ・ジャイアンツ、2001年に西武ライオンズでプレーした。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

1990年代の大部分をピッツバーグ・パイレーツ傘下のマイナーリーグで過ごしたが活躍の場を求めてメキシカンリーグでプレーした。1998年のキャンプでメジャー40人枠に残れずフリーエージェントとなった。その後1999年にはサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下のトリプルAフレズノ・グリズリーズで先発投手、リリーフ投手として起用された。モントリオール・エクスポズ戦でカーク・ルーターをリリーフし2回を無失点に抑えてメジャー初勝利をあげた。2000年9月23日には最後の5イニングを投げて4奪三振し2勝目をあげた。ナショナルリーグ・ディビジョナルシリーズ第5戦のニューヨーク・メッツ戦がメジャー最後の登板となった。

2001年に西武に入団。シーズン終了とともに戦力外になり帰国するがその直後、友人の運転[要出典]する車に同乗中、トラクターとの衝突事故に遭い29歳の若さで亡くなった。彼の亡くなった後には妻と2人の子供が残された。彼の死を悼み、2002年の1年間のみ西武は背番号32欠番とし、2003年に細見和史がつけるまでは欠番になっていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 SF 14 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 102 23.2 24 5 11 0 0 20 0 0 11 11 4.18 1.48
2000 9 1 0 0 0 2 0 0 0 1.000 77 17.1 17 3 6 2 2 16 2 0 10 10 5.19 1.33
2001 西武 14 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 89 19.1 28 3 5 0 0 19 2 0 12 12 5.59 1.71
MLB:2年 23 1 0 0 0 2 0 0 0 1.000 179 41.0 41 8 17 2 2 36 2 0 21 21 4.61 1.41
NPB:1年 14 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 89 19.1 28 3 5 0 0 19 2 0 12 12 5.59 1.71

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 37(1999年 - 2000年)
  • 32(2001年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]