マーク・マーフィー (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・マーフィー
}
基本情報
出生 1932年3月14日(82歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州

マーク・マーフィー (Mark Murphy, 1932年3月14日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州出身のジャズボーカリスト。 名作レコードのアドリブソロにオリジナルの歌詞をつけて歌うヴォーカリーズは、もともとエディ・ジェファーソンによって始められ、ジョン・ヘンドリクスらによって発展したジャンルであったが、それをさらにおしすすめたのがこのマーク・マーフィーである。

聖歌隊で出会った両親のもと、ニューヨークの音楽的な家庭で育つ。大学を卒業後、俳優を志すがなかなか芽が出なかった。1961年にレコーディングした「ラー」で注目される。代表作は他に「ミッドナイト・ムード」、「ストールン・モーメンツ」などがある。卓越した技巧と天才的なひらめきを持つシンガーで、非常に広い音域と器楽的な歌唱が特徴的である。近年はクラブDJや、ティル・ブレナーなどのスムース系ジャズのミュージシャンらからの評価も高い。また、グラミー賞を受賞したジャズヴォーカリストのカート・エリングにも強い影響を与え、先述のヘンドリクスやエリングらとはツアーも行った。

Discography[編集]

  • Album『Meet Mark Murphy』(1956)
  • Album『Let Yourself Go』(1957)
  • Album『This Could Be the Start of Something Big』(1959)
  • Album『Mark Murphy's Hip Parade』(1960)
  • Album『Playing the Field』(1960)
  • Album『Rah!』(1961)
  • Album『That's How I Need The Blues』(1962)
  • Album『Swingin' Singin' Affair』(1965)
  • Album『Who Can I Turn To』(1966)
  • Album『Midnight Mood』(1970)
  • Album『Bridging a Gap』(1973)
  • Album『Mark 2』(1975)
  • Album『Mark Murphy Sings』(1975)
  • Album『Sings Mostly Dorothy Fields And Cy Coleman』(1977)
  • Album『Stolen Moments』(1978)
  • Album『Satisfaction Guaranteed』(1979)
  • Album『Bop for Kerouac』(1981)
  • Album『The Artistry of Mark Murphy』(1982)
  • Album『Mark Murphy Sings the Nat King Cole Songbook』(1983)
  • Album『The Complete Nat King Cole Songbook, Vol. 1-2』(1983)
  • Album『Brazil Song (Cancoes Do Brazil)』(1984)
  • Album『Living Room』(1984)
  • Album『Kerouac Then and Now』(1986)
  • Album『Beauty and the Beast』(1986)
  • Album『Night Mood』(1987)
  • Album『September Ballads』(1988)
  • Album『What a Way to Go』(1990)
  • Album『I'll Close My Eyes』(1991)
  • Album『Stolen...And Other Moments』(1992)
  • Album『North Sea Jazz Sessions, Vol. 5』(1996)
  • Album『Song For The Geese』(1997)
  • Best Album『The Best of Mark Murphy』(1997)
  • Album『Jazz Standards』(1998)
  • Best Album『Songbook』(1999)
  • Album『Crazy Rhythm: Debut Recordings』(1999)
  • Album『Mark Murphy Sings Nat King Cole & More』(1999)
  • Album『Some Time Ago』(1999)
  • Album『The Latin Porter』(2000)
  • Album『Links』(2001)
  • Album『Lucky To Be Me』(2002)
  • Album『Timeless』(2003)
  • Album『Memories Of You』(2003)
  • Album『Bop For Miles』(2004)
  • Album『Giants Of Jazz』(2004)
  • Album『Dim the Lights』(2004)
  • Album『Once to Every Heart』(2005)
  • Album『Love Is What Stays』(2007)
  • Album『The Dream』(2007)
  • Album『Never Let Me Go』(2010/セルフ・プロデュース)
  • Album『A Beautiful Friendship: Remembering Shirley Horn』(2013)