ロニー・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロニー・スコット
基本情報
出生 1927年1月28日
出身地 イギリスの旗 イギリスロンドン
死没 1996年12月23日(満69歳没)
担当楽器 テナー・サックス

ロニー・スコット英語: Ronnie Scott, 1927年1月28日 - 1996年12月23日)は、イギリスロンドン出身のテナー・サクソフォーン奏者。ジャズクラブ“ロニー・スコッツ・クラブ”の設立者。

略歴[編集]

サックス奏者の父親の影響を受け、テナー・サックスを始める。16歳でロンドンのクラブで演奏を開始、1946年、テッド・ヒース楽団に採用され、その後も他楽団で演奏活動を継続する。1957年にタビー・ヘイズと共演し、その後も数々の録音を残す。1959年、ロンドン最古参のライブハウス・ジャズクラブ“ロニー・スコッツ・クラブ”を開店し、世界中の幾多の演奏家が出演する有名ジャズ・クラブとなる。プレイヤーとしてのアルバム代表作に“At The Royal Festival Hall”(1956年)、 “Live At Ronnie Scott”(1968年) 等がある。演奏スタイルはコールマン・ホーキンスの流れを汲むモダン・テナーの正統派である。また自身のレーベル(ロニー・スコッツ・プレゼンツ)をシリーズ化し、カーメン・マクレエサラ・ヴォーン等多くのアーティストのアルバムもリリースしている。