ボーンホルム島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーンホルム島の位置
ボーンホルム島の旗
ボーンホルム島の旗

座標: 北緯55度08分0秒 東経14度55分0秒 / 北緯55.13333度 東経14.91667度 / 55.13333; 14.91667 ボーンホルム島(Bornholm)は、バルト海上にあるデンマーク領のスウェーデン南部スコーネ県ドイツポーランドに挟まれている。人口5万人。行政面ではデンマーク首都地域のボーンホルム基礎自治体を成している。かつてはボーンホルム島と周辺の小島でボーンホルム県を成していた。17世紀の一時期、スウェーデン領となっていた事もある。「バルト海の宝石」と称される。

デンマーク本土には遠く、コペンハーゲンからのフェリーでは7時間かかる。このため、コペンハーゲンからは、フェリー連絡バスか鉄道でスウェーデン領土を経由してスコーネ県のイースタッド Ystad から高速船で行くのが普通である。また、ドイツ、ポーランド側からのフェリーもある。フェリーターミナル、空港のある中心都市レンネ Rønne から島内各地にバス便がある。

ボーンホルム最大の町は島の西岸にあるレンネで人口1万5000人。他に大きな町は、ネクセ Nexø、オーキアケビュ Aakirkeby、スヴァネ Svaneke、グルイェム Gudhjem、アリンエ・サンドヴィ Allinge-Sandvig など。主な見所は、ハンメルシュスHammershus の教会遺跡、島内に多く見られる円形教会 Rundkirke、Round Church(Østerlars エステルラースが代表的)、クリスチャン Christiansø 島の要塞など。

産業農業、特に畜産が盛んで、良質の乳製品を産する。ちなみに、デンマーク産のブルーチーズの半分はボーンホルム産である。また、工芸も盛ん。移住してアトリエやスタジオを構える工芸作家が増えている。

バルト海西部の戦略的要衝であり、第二次世界大戦中はナチス・ドイツの占領下にあった。ソ連軍はドイツへの反攻の一環として1945年3月から島に激しい砲爆撃を浴びせ、5月に占領。ドイツ領でなかったにも関わらず、1946年4月まで撤退しなかった。現在、島には北大西洋条約機構(NATO)のレーダー基地が設置されている。 また、1980年にポーランド独立自主管理労働組合「連帯」が結成され民主化運動が進んだ際には、ポーランド国内でのテレビ放送の電波をこの島で傍受したものが西側のテレビ局に配信された(日本でもNHKのニュースで放送された)。

島の旗として、デンマーク国旗の白十字の中に緑十字が入っているものと、白十字の代わりに緑十字が入っているものの2種類あるが、いずれも公式には承認されていない。緑色は島の緑を表すとされる。

レンネ
ハンメルシュス遺跡

その他[編集]

  • Martin Andersen Nexø(Nexø 出身の作家)原作の「征服者ペレ」(Pelle Erobreren) - 映画化されている

リンク[編集]