ボウイ・クーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bowie Kuhn (1982)

ボウイ・クーン(Bowie Kent Kuhn,1926年10月28日 - 2007年3月15日)は、アメリカMLBの第5代コミッショナー(在任1969年2月4日-1984年9月30日)、アメリカ合衆国弁護士メリーランド州タコマパークに生まれ、ワシントンD.C.で育った。2007年3月15日、肺炎による呼吸不全のためフロリダ州ポンテベドラビーチの病院で死去。 ファミリーネームについて日本では「キューン」という記述も非常に多い。

人物[編集]

オーナー、選手会、ファンなどとことごとく対立するけんか腰の強い人物であった。自己中心的なオーナーには資格停止、あるいは罰金を科した。選手会とはフリーエージェント制導入をめぐり激しく対立。選手会委員長のマービン・ミラーはクーンを宿敵と呼び、クーンはミラーを鶏小屋を荒らす狐と非難した。また、コーチだったウィリー・メイズミッキー・マントルのカジノとの兼業を認めず、この2人は球界を離れた。そのため、ファンはクーンが球界から追放したと非難した。この2人を賭博に関与したとして資格停止処分にしたこともある[1]

また、在任中に起こったカート・フラッド事件では、フラッドが願い出たフリーエージェント(FA)を認める申請を拒絶。フラッドの提訴によって法廷に持ち込まれ、最高裁まで争われることとなった。これを契機に1975年に年俸調停制度とトレード拒否権、1976年にはフリーエージェント制度が成立することとなった。

1977年9月3日に王貞治が通算本塁打数世界記録を更新したときクーンは「世界記録であることは認めるが、大リーグ記録ではない」との声明を発表している。球団数拡張、ワールドシリーズナイター開催、アメリカン・リーグでの指名代打制の導入、ディビジョン制の導入などの功績も残している。1969年のMLB選手平均年俸は約1万9,000ドルだったが、1984年には約33万ドルにまで上昇した。

2008年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入りを果たした。

著作[編集]

  • コミッショナーは戦う(ベースボール・マガジン社、原題:Hardball) ISBN 978-4583028187

関連書籍[編集]

  • FAへの死闘―大リーガーたちの権利獲得闘争記(ベースボールマガジン社、マービン・ミラー著、原題:A Whole Different Ball Game) ISBN 978-4583030944

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後年、クーンの次のコミッショナーのピーター・ユベロスがその処分を解除した。

外部リンク[編集]