ベジャイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベジャイア

ベジャイア: Bejaia, Vgaiet)は、アルジェリア北東部の都市。地中海南岸に位置し、ベジャイア湾に面する。ベジャイア県の県都であり、人口は14万7千人。

概要[編集]

地中海に面しており、主要産業はハシメサウド油田からパイプラインで送られてくる石油の輸出である。石油のほか、鉄鉱石ワインイチジクプラムなども輸出している。

歴史[編集]

カルタゴローマ帝国の時代から港湾都市として知られていたが、1世紀ウェスパシアヌスの時代にマウリタニア州の重要都市として栄える。5世紀にはゲルマン民族に侵入された。その後、11世紀にはベルベル人が居住した。

16世紀前半のセリム1世の時代に、1555年ベジャイア占領英語版オスマン帝国領となった。19世紀にはフランス領になった。1962年のアルジェリア民主人民共和国独立達成後はアルジェリア領となった。

姉妹都市[編集]