ヘンリー・J・カイザー級給油艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・J・カイザー級給油艦
US Navy 031018-N-5821P-001 USNS Yukon (T-AO 202).jpg
艦級概観
艦種 給油艦
艦名
建造期間 1984年-1995年
就役期間 1986年-就役中
前級 シマロン級給油艦
性能諸元
排水量 基準:9,500t
満載:40,700t
T-AO-201、203、204は42,000t
全長 206.3m
全幅 29.7m
吃水 10.66m
機関 ディーゼル方式(34,442hp
PC4-2/2 10V-570 ディーゼルエンジン 2基
推進機 2軸
速力 最高20ノット
航続距離
乗員 民間人約80名 軍人約20名
兵装 なし
艦載機 なし

ヘンリー・J・カイザー級給油艦(ヘンリー・J・カイザーきゅうきゅうゆかん Henry J. Kaiser class oiler)は、アメリカ海軍の給油艦(補給艦)。

概要[編集]

同型艦は、18隻整備の予定であったが、ベンジャミン・イシャーウッドおよびヘンリー・エクフォードの2隻は、完成直前に建造がキャンセルされ、16隻が建造された。

給油ステーションは右舷3ヶ所、左舷2ヶ所の計5ヶ所である。燃料のほか、限定的ながらドライカーゴの補給能力も有しており、両舷1基ずつのハイライン設備も持つ。

艦橋は艦の後部にあり、艦尾はヘリコプター甲板となっている。

パタクセント、ララミー、ラパハノックの3隻は、1990年石油汚染防止法に基づき、二重船体となっている。当初はペンシルベニア造船所が建造を担当したが、契約は履行されず、後にアメリカン造船タンパ造船所で建造が行われた。

同型艦[編集]

関連項目[編集]