ヘンリー・J・カイザー (給油艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Henry J Kaiser replenishes Abraham Lincoln.jpg
艦歴
発注
起工 1984年8月22日
進水 1985年10月5日
就役 1986年12月19日
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 軽貨 9,500トン
全長 677 ft (206 m)
全幅 97 ft 5 in (29.7 m)
吃水 35 ft (11 m) 最大
機関 ディーゼル2基/2軸
最大速 20ノット
乗員 民間人約80名 軍人約20名
兵装 なし

ヘンリー・J・カイザー (USNS Henry J. Kaiser, T-AO-187) は、アメリカ海軍給油艦ヘンリー・J・カイザー級給油艦の一番艦。艦名は近代造船の父として知られる実業家、ヘンリー・J・カイザーに因む。

艦歴[編集]

ヘンリー・J・カイザーは1984年8月22日にルイジアナ州ニューオーリンズエイボンデール造船所で起工する。1985年10月5日に進水し、1986年12月19日に海上輸送司令部の任務に就いた。

現在の母港はインド洋ディエゴガルシア島である。ヘンリー・J・カイザーは同島を拠点として縮小任務の状態にある。


外部リンク[編集]