マーズ級戦闘給糧艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーズ級戦闘給糧艦
USNS Niagara Falls (T-AFS-3).jpg
艦級概観
艦種 戦闘給糧艦
艦名
建造期間 1962年 - 1969年
就役期間 1963年 - 2010年
次級 シリウス級戦闘給糧艦
性能諸元
排水量 基準:9,200t
満載:15,900t - 18,633t
(16,155t - 18,962t)
全長 177.08m
全幅 24.07m
吃水 8.22m
機関 ド・ラヴァル式タービン3缶(2,2000hp 1基
推進器 1軸
最大速力 20ノット
航続距離
乗員 軍人29名から49名
民間人123名から134名
兵装 Mk 33 50口径3インチ連装砲
2基がファランクスに交換
4基
20mmファランクスCIWS
Mk 33 3インチ連装砲と交換で装備
2基
M2 12.7mm単装機銃 1基
7.62mm機関銃 4基
搭載機 MH-60S 2機

マーズ級戦闘給糧艦(マーズきゅうせんとうきゅりょうかん Mars Class Combat Stores Ship)は、アメリカ海軍補給艦。2010年を最後にすべての同型艦が退役した。

概要[編集]

従来の給糧艦、一般消耗品補給艦、航空用品補給艦の任務を統合し弾薬を除く各種ドライ・カーゴの補給を1艦でまかなえる新しい艦として建造された艦種で給兵艦、給油艦と相互補完的な関係にある。

補給物資搭載量はおよそ7,000tで5区画の貨物倉を持ち、冷凍・冷蔵食料を含む各種貨物を搭載する。補給ステーションは右舷、左舷各5箇所ある。

建造時には50口径3インチ連装砲4基(船首に2基、艦橋後部に2基)を装備し、1980年代に3インチ連装砲2基に換えてファランクスCIWS2基が搭載されたが、1990年代前半にMSCに移管され、その際に武装は撤去されている。

また後部には格納庫およびヘリコプター甲板がありヘリコプター2機を搭載しこれを用いた貨物移送も可能である。

同型艦[編集]

サンノゼ(T-AFS-7) 横浜港にて


関連項目[編集]