サクラメント級高速戦闘支援艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サクラメント級高速戦闘支援艦
US Navy 030127-N-3241H-008 Carl Vinson pulls away from the fast combat support ship USS Sacramento (AOE 1) after completing an underway replenishment.jpg
艦級概観
艦種 高速戦闘支援艦
艦名 都市名。1番艦はサクラメントに因む。
建造期間 1961年 - 1969年
就役期間 1964年 - 2005年
次級 サプライ級高速戦闘支援艦
性能諸元
排水量 軽荷:18,900t
満載:51,400t - 53,600t
全長 241.7m
全幅 32.6m
吃水 11.6m
機関 ギアード蒸気タービン方式(10,000shp 24 MW)
ボイラータービン
推進器 2軸
速力 巡航26ノット、最高29ノット
航続距離
乗員 550名
兵装 シースパロー短SAM発射機 1基
ファランクス20mmCIWS 2基
12.7mm単装機銃 4基
搭載機 CH-46 2機

サクラメント級高速戦闘支援艦(Sacramento class fast combat support ship)は、アメリカ海軍補給艦。1960年代に就役し、2005年までに全艦が退役した。

概要[編集]

サクラメント級は空母機動部隊や強襲上陸艦隊に高速で追随して支援するために計画された高速戦闘支援艦(AOE)という艦種の最初の艦型である。50,000tの船体に20ノットを超える高速を発揮させるために1番艦と2番艦にはアイオワ級戦艦の未成艦BB-66 ケンタッキー用に製造された主機が半分ずつ流用されている。

艦隊の支援には従来では給油艦(タンカー)と戦闘補給艦(貨物船)など複数の艦種が必要であったが、AOEでは一隻で液体(燃料、真水など)、ドライカーゴ(食料、弾薬など)を同時に補給することができる。

補給物資は自動荷役装置と液体用4基、貨物用2基からなる6基の補給ステーションによって迅速に補給される。

艦の前部に艦橋を持ち、補給ステーションは艦の中央部にある。また艦尾にヘリコプター甲板を備えており、固有機の大型ヘリコプター2機によるヴァートレップ補給も行うことができる。

同型艦[編集]

  • サクラメント (USS Sacramento, AOE-1) 1964年3月就役 2004年10月1日退役
  • カムデン (USS Camden, AOE-2) 1967年4月就役 2005年9月29日退役
  • シアトル (USS Seattle, AOE-3) 1969年4月就役 2005年3月15日退役
  • デトロイト (USS Detroit, AOE-4) 1970年3月就役 2005年2月17日退役
  • AOE-5 未着手のまま建造中止

関連項目[編集]

外部リンク[編集]