ブルーノ・ダ・シウヴァ・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーノ・ロペス Football pictogram.svg
名前
本名 Bruno Da Silva Lopes
ブルーノ・ダ・シウヴァ・ロペス
ラテン文字 Bruno Lopes
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1986年8月19日(27歳)
出身地 ブラジルの旗 クリチーバ
身長 181cm[1]
体重 75kg[1]
選手情報
在籍チーム ポルトガルの旗 エストリル
ポジション FW
背番号 99
利き足 [2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 ブラジルの旗 フィゲイレンセ
2007 ブラジルの旗 アメリカ・ミネイロ
2008 ブラジルの旗 ジョインヴィレ (loan)
2009 ブラジルの旗 ミネイロス (loan) 2 (0)
2009 ブラジルの旗 ウベラバ (loan)
2010 ブラジルの旗 アナーポリス 4 (3)
2010 ブラジルの旗 ヴィラ・ノヴァ 28 (10)
2010 ブラジルの旗 アナーポリス
2011 日本の旗 アルビレックス新潟 (loan) 32 (13)
2012- ブラジルの旗 デスポルチーヴォ
2013 日本の旗 アルビレックス新潟 (loan) 41 (7)
2013- ポルトガルの旗 エストリル (loan) 22 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年6月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブルーノ・ロペスことブルーノ・ダ・シウヴァ・ロペス(Bruno Da Silva Lopes, 1986年8月19日 - )は、ブラジル出身のプロサッカー選手。ポジションはFW(センターフォワード)。

来歴[編集]

10歳で本格的にサッカーを始め、18歳でプロ契約を結んだ[2]。ブラジル時代は主に3トップの左を務め、2009年に所属したウベラバではタッサ・ミナスジェライス優勝を経験している[3]。2010年には、前期に所属したアナーポリスカンピオナート・ゴイアーノ)で6得点、後期に所属したヴィラ・ノヴァカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB)で10得点を挙げる活躍を見せた[4]

2011年シーズンより、アナーポリスからJリーグ1部アルビレックス新潟レンタル移籍。背番号は11番。移籍前、ポルトガルポルティモネンセSCなどからもオファーを受けたが、かつて新潟に在籍したペドロ・ジュニオールの助言が決め手となり、新潟への移籍を決断したという[5]。本人は移籍に際して、「泥臭くゴールを狙うスタイル」[5]、「ボールを持った際は必ず体がゴールの方向へ向かっている」[2]と自らのプレースタイルを語った。多くの場合、プレーの特徴としてまず言及されるのはスピードであるが、開幕前のプレシーズンマッチでは体格を生かしたキープ力や高さも見せ、前線のターゲットマンとしても一定の評価を得た[2]

2011年3月5日、アビスパ福岡とのシーズン開幕戦でJリーグ初出場。先発出場したブルーノ・ロペスは、69分に左サイドから曺永哲が上げたクロスをダイビングヘッドで合わせ、Jリーグ初得点を記録した[6]。その後もチームのエースストライカーとして活躍し、チームトップのリーグ戦13得点を記録した。

2012年シーズンデスポルチーヴォからの期限付き移籍という形で新潟に留まった[7]。公式戦ではJ1第2節大宮アルディージャ戦でシーズン初ゴールを決めたが、その後はなかなかゴールを奪えないまま、最終的に7得点を記録するに留まった。

2013年シーズンも引き続き新潟でプレーしたが、川又堅碁にポジションを奪われ、ベンチを温める機会が増えた。シーズン途中の6月20日に新潟との契約を解除[8][9]ポルトガルリーグエストリルへ移籍した。移籍後は主にスーパーサブ、カップ戦要員として起用されている。

エピソード[編集]

2012年の新潟は残留争いの渦中だった。残留争いも大詰めをむかえたJ1第33節仙台戦、この試合に勝たない限り降格が決まってしまう新潟は、1点リードでむかえた後半40分、カウンターからロペスがドリブルで相手ペナルティーエリア内に侵入すると、仙台DF角田誠に倒され、ロペスはファールをアピールしたが、主審の村上伸次はノーファールの判定。この判定にロペスは激しい抗議をみせたが、ロペス以上に激しい抗議をみせた新潟の柳下正明監督が審判団の注意を自分に背け、ロペスの身代わりとなって退席処分を受けた。柳下のこの抗議には、ロペスはこの時点で累積警告が7枚たまっており、この抗議によってイエローカードをもらうと、既に最終節出場停止が決まっていたFWミシェウと共に出場停止となり、最終節での大幅な戦力ダウンを避けるという意図があった。この試合を1-0で勝利した新潟は、逆転残留へ望みをつなぎ、最終節の札幌戦でロペスの2ゴールの活躍もあり4-1で勝利し、逆転残留を決めた[10]

個人成績[編集]

2013年6月20日現在[3]
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2009 ミネイロス ゴイアス州 2 0 - - 2 0
2010 アナーポリス 4 3 - - 4 3
ヴィラ・ノヴァ セリエB 28 10 - - 28 10
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2011 新潟 11 J1 32 13 3 2 2 1 37 16
2012 32 7 4 0 1 2 37 9
2013 9 0 2 0 - 11 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2013-14 エストリル 99 スーペル・リーガ 22 3 1 0 2 4 25 7
2014-15
通算 ブラジル 34 13 34 13
日本 J1 73 20 9 2 3 3 85 25
ポルトガル
総通算 107 33 9 2 3 3 119 38
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA EL UEFA CL
2013-14 エストリル 99 5 0 -
通算 UEFA 5 0 -

その他の国際公式戦

  • 2013年
    • UEFAヨーロッパリーグ 2013-14 予選 1試合0得点

脚注[編集]

  1. ^ a b ブラジル・アナポリスからブルーノ ロペス選手 移籍加入のお知らせ - J's Goal 2011年1月12日配信
  2. ^ a b c d 「期待の新戦力」『新潟日報』2011年3月4日、別紙Jリーグ特集、3面。
  3. ^ a b Tudo sobre Bruno da Silva Lopes - iG Esporte
  4. ^ 週刊サッカーマガジン 2011年2月15日号、p.95
  5. ^ a b 週刊サッカーダイジェスト 2011年2月8日号、p.41
  6. ^ 【J1:第1節 福岡 vs 新潟】レポート - J's Goal 2011年3月6日配信
  7. ^ ブルーノ ロペス選手 期限付き移籍更新のお知らせ - アルビレックス新潟 公式サイト 2012年1月14日配信
  8. ^ ブルーノ ロペス選手 退団のお知らせ  アルビレックス新潟公式サイト 2013年6月20日
  9. ^ ブルーノ ロペス選手 期限付き移籍更新、来日のお知らせ アルビレックス新潟公式サイト 2013年1月19日
  10. ^ http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/12/01/kiji/K20121201004676540.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]