フランツ・ベンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ベンダ
Franz Benda
Frantisek Benda 2.jpg
基本情報
出生 1709年11月22日
死没 1786年3月7日(満76歳没)
職業 作曲家、ヴァイオリニスト

フランツ・ベンダFranz Benda)、またはチェコ語フランティシェク・ベンダFrantišek Benda, 1709年11月22日 - 1786年3月7日)は、ドイツ作曲家ヴァイオリニスト

生涯[編集]

フランツ・ベンダは、著名な音楽家の一族であるベンダ家の生まれで、ハンス・ゲオルク・ベンダとその妻ドロテア(フランティシェク・クサヴェル・ブリクシの父の従姉)の間に生まれ、生き延びた6人の兄弟のうちのひとりであった。少年期の音楽教育は、父からオーボエシャルマイおよびツィンバロムを習ったほか、地元の教会でカントルを務めていたアレクシウス師にオルガン作曲および唱歌を習っていた。ベンダは幼少期にプラハイエズス会で学んだが、10歳でドレスデンへ移り、ここで教会の聖歌隊員となる。この時に、彼はヴァイオリンヴィオラの演奏を習い始める。

12歳のときに教会の仕事を失うと、ベンダはボヘミアの故郷へ戻り、14歳で作曲活動を始める。18歳のときに彼はKleinau伯爵に招かれたことで不本意ながらもウィーンへ行き、1726年から1730年まで使用人として働いた。1730年にそこを脱走してワルシャワへ移ったことで、ベンダはようやく自由を手にすることが出来た。

ベンダはワルシャワに着くとすぐに宮廷に勤めるようになり、間もなくヴァイオリニストとしては初めて宮廷楽長に選ばれた。彼は最初は王立音楽団(königlicher Musicus)に所属していたが、すぐにポーランドアウグスト2世の宮廷に所属を変え、ここで後の同僚であるクリストフ・シャフラート(Christoph Schaffrath)と出会ったと思われる。1733年にアウグスト2世が亡くなると、ベンダはドレスデンの宮廷礼拝堂に移った。ここで彼は作曲家のヨハン・ヨアヒム・クヴァンツと知り合い、彼によってプロイセン王子フリードリヒ(後のプロイセン王フリードリヒ2世)に紹介された。

この地において、ベンダはヨハンカールのグラウン兄弟や、師となったヨハン・ゲオルク・ピゼンデルらに音楽的な影響を受けていた。彼はクヴァンツの提案を受けてフリードリヒ王子のもとへ行き、 ルッピンの町にあるフリードリヒ王子の礼拝堂に勤めることになった。

ベンダはルッピンに着いた日に、フルートをたしなんでいた王子とともに演奏会を開いた。王子の礼拝堂において、ベンダは首席ヴァイオリニストの地位を得た。その後ベンダはルッピンとラインスベルクでさらに音楽技術を磨くことが出来た(特にクヴァンツやグラウン兄弟の助けによるところが大きい)。1740年5月31日にフリードリヒはプロイセン王に即位し、彼の礼拝堂は全てベルリンポツダムへ移された。

1739年、ベンダはコルベルクの検閲官の娘エレオノーラ・ステフェインと結婚する。彼女は1758年に亡くなり、その4年後にベンダは彼女の姉妹であるカロリナ・ステフェインと再婚する。双方の妻との間には8人の子が生まれた。

1742年、ベンダの家族はフリードリヒとともにベルリンへ移った。フランツ・ベンダは弟のヨーゼフゲオルクにはヴァイオリンを、妹のアンナ・フランツィスカには唱歌を教えた。まもなくフランツの弟であるヨハン、ヨーゼフ、ゲオルクも礼拝堂に勤めるようになった。痛風の進行のため、1767年頃からベンダは立ち上がることが困難になっていった。1771年にヨハン・ゴットリープ・グラウンが亡くなった後、ベンダは後任のコンサートマスターとなった。また1773年にクヴァンツが亡くなると、フリードリヒ2世の音楽面での指導者となった。フランツ・ベンダはこの2つの地位についたまま1786年3月7日にポツダムで逝去した。

音楽[編集]

ベンダは主としてヴァイオリン向けの音楽を作曲した。彼の作品にはバロックと、ギャラント様式多感様式の要素が含まれている。彼はバロックから古典派への移行期を象徴する作曲家であった。

一方で、ベンダはヴァイオリニストとしても、彼に教えを受けたヴァイオリニスト達(弟のヨーゼフ・ベンダやゲオルク・ベンダ、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルストヨハン・フリードリヒ・ライヒャルト、クリスティアン・フリードリヒ・ゲオルク・ベルワルドなど)によって高く評価され、後世に名を残すこととなった。

子孫[編集]

フランツ・ベンダの子のうち、フリードリヒ・ベンダは室内楽の作曲家として知られている。フランツの娘マリー・カロリーナ・ベンダはウィーンのピアノ調律師エルンスト・ヴィルヘルム・ヴォルフ夫人となり、その妹ユリアーネ・ベンダはベルリンの作詞家ヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトと結婚した。フランツ・ベンダの末裔は現在も音楽活動を続けている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]