ヨハン・ヨーゼフ・フックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ヨーゼフ・フックス

ヨハン・ヨーゼフ・フックスJohann Joseph Fux, 1660年 - 1741年2月14日)は、オーストリアバロック音楽作曲家オルガン演奏家、チェンバロ演奏家。

現在のシュタイアーマルク州ヒルテンフェルトの農家の家系で1660年頃に生まれた。若い頃の事はほとんど知られていない。

  • 1680年(20歳) グラーツ大学の学生であった事が判明している。その後多分イタリアで学んだのではないかと思われる。
  • 1690年 - 1695年(30歳 - 35歳) 記録ではこの若き音楽家は、オルガン奏者としてウィーンのスコットランド教会で働いた。この頃の活動がのちの皇帝の目に止まり、宮廷に招かれることになったらしい。
  • 1696年(36歳)頃 結婚。
  • 1698年(38歳) 神聖ローマ皇帝レオポルト1世によって宮廷音楽家に任命される。それまでの例では必ずイタリア人が任命されていたが、多数の候補者の中でもフックスは特別に才能があったらしい。
  • 1705年(45歳) ウィーンのシュテファン大聖堂の副楽長に任命される。
  • 1711年(51歳) 皇帝カール6世によって宮廷楽長に任命される。音楽家としてヨーロッパでは最高の地位であった。この頃からの30年間がフックスの全盛時代であり、おびただしい数の作品が残されている。
  • 1715年(55歳) シュテファン大聖堂の楽長となる。
  • 1723年(63歳) 祝祭オペラ『コスタンツァとフォルテッツァ』(「竪国と不抜」または「節操と力」、Costanza e Fortezza )が作曲された。この曲は皇帝カール6世のボヘミア王としての戴冠式を祝うために作曲され、莫大な費用をかけてプラハ城で演奏された。この時の上演は極めて豪華で、ウィーン以外の音楽家達、例えばタルティーニクヴァンツゼレンカら優れた音楽家達がオーケストラのメンバーに加わっており、また皇帝カール自身もチェンバロの演奏をした。
  • 1725年(65歳) おそらく最もよく知られた著書『パルナッソス(芸術の山)への階梯(階段)』(Gradus ad Parnassum, 「古典対位法」とも呼ばれる)を発表した。ラテン語で書かれたこの対位法の教程書はJ.S.バッハの蔵書にもあり、ベートーヴェンもこれで勉強したと伝えられる。
  • 1734年(74歳)頃 妻が死亡、その後の作品は宗教的な色彩を帯びるようになった。
  • 1741年2月14日(81歳) 皇帝カール6世死亡の翌年、ウィーンで死亡した。

フックスは死ぬまで宮廷楽長を務めたが、フックスに対する皇帝の信頼は厚く、前述の対位法の教程書の出版費用は皇帝カール6世自らが負担した。また、フックスの部下には副楽長のアントニオ・カルダーラ他、優れた音楽家が多くおり、オペラや音楽劇が華やかに催され、バロック音楽の最後の花を咲かせた。

死後フックスの名はまもなく忘れられたが、宗教音楽は引き続き演奏され、作品は遺族に受け継がれた。100年後の19世紀中頃、モーツァルトの作品を整理したケッヘルがフックスに興味を持ち、伝記と作品目録を出版した。これをきっかけに、この古い宮廷作曲家に対する興味が引き起こされ、オーストリア記念碑シリーズ(Denkmäler der Tonkunst in Österreich )で再出版され、フックスは教師としてだけではなく、立派な作曲家として陽の目を見る事になった。

フックスの様式はポリフォニー書法を主体とした中に近代的なナポリ楽派の様式を織り交ぜている。また、器楽曲にはフランス(リュリ)やイタリア(コレッリ)の影響がみられる。作品には、18曲のオペラ、10曲のオラトリオ、29のパルティータ、序曲の他約57の挽歌や詩篇がある。教則本にも彼の作品が取り上げられ、ピアノ初心者にも彼の小品はなじみが深い。

外部リンク[編集]