ピアノ協奏曲第5番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ協奏曲第5番 ニ長調 K.175(382)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した5番目のピアノ協奏曲。実質モーツァルトの初のピアノ協奏曲である。

概要[編集]

第1番から第4番にかけての一連のピアノ協奏曲は、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハヨハン・ショーベルトらの作曲家ソナタ編曲であるため、モーツァルト最初のピアノ協奏曲であると同時に、モーツァルトのオリジナルなピアノ協奏曲の第1作でもある。だが、明らかにヨハン・クリスティアン・バッハの様式を模倣して作曲されたものであり、クリスティアンの影響を留めていると一般には評価されている。だが、オリヴィエ・メシアンは「試作というには、あまりに見事な腕前」と評価し、アルフレート・アインシュタインも「独奏楽器とオーケストラの釣合、ならびに規模の点で、既にヨハン・クリスティアンをはるかに越えている」と絶賛するなど、音楽研究家からは高く評価されている。

第5番は1773年12月ザルツブルクで作曲され、既に習作の範囲を越えて完成された様式を持っている。トランペットティンパニを加えた祝祭的な作品で、おそらくモーツァルト自身あるいは姉のナンネルの演奏を目的としたものと思われる。後にモーツァルトはミュンヘンウィーンでも演奏し、1777年頃にオーケストラに手を加えている。さらに1782年3月のウィーンでの演奏の際に新たな終楽章としてロンド(K.382)を作曲している。モーツァルトはこの協奏曲に愛着を持っており、最晩年まで演奏し続けた。

楽器編成[編集]

独奏ピアノ、オーボエ2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ一対、弦5部

演奏時間[編集]

約21分(各楽章8分、7分、6分)

構成[編集]

3楽章の構成。

  • 第1楽章 アレグロ、ニ長調、4/4拍子:協奏ソナタ形式、初稿と第二稿ではオーボエの音形が違う
  • 第2楽章 アンダンテ・マ・ウン・ポコ・アダージョ、ト長調、3/4拍子:展開部の無いソナタ形式
  • 第3楽章 アレグロ、ニ長調、2/2拍子:ロンド形式、初稿と第二稿ではオーボエの音形が違う
    • 「ロンド」K.382:アレグレット・グラツィオーソ、ニ長調、2/4拍子。この曲は「ロンド」と銘うたれてはいるが、実際には主題と七つの変奏、カデンツァコーダからなる変奏曲である。

出典:オイレンブルク社のスコア

外部リンク[編集]