ピアノ協奏曲第24番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲。モーツァルトのピアノ協奏曲の中で、短調の作品はこの曲と第20番ニ短調K.466だけである。

モーツァルト自身の作品目録によれば、1786年3月24日に作曲された。初演は同年4月7日ウィーンのブルグ劇場で開かれたモーツァルト自身の予約音楽会で行われた。翌月の5月1日にはオペラ『フィガロの結婚』が初演されている。

多くの人がイメージするような「モーツァルトらしい」明るい曲ではなく、暗く情熱的な作品である。しばしば「ベートーヴェン的な」作品と言われる。

モーツァルトの弟子であるヨハン・ネポムク・フンメルは、ピアノ・フルートヴァイオリンチェロ用の編曲を残しており、白神典子らが録音している。

楽器編成[編集]

独奏ピアノフルートオーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

モーツァルトのピアノ協奏曲の中で、最大の編成である。オーボエとクラリネットの両方を採用している。木管楽器が活躍する場面の多い曲になっている。

構成[編集]

第1楽章 アレグロ ハ短調 3/4拍子 ソナタ形式 
ぎくしゃくとした印象の第1主題で始まる。第1主題の中の跳躍する音型は第1楽章の中で何度も繰り返される。第2提示部で第1主題が繰り返される前に、ピアノが独自の主題を見せるのは、ニ短調の協奏曲と共通する。カデンツァのあとコーダとなるが、そのさいピアノの演奏が続くのはモーツァルトのピアノ協奏曲ではこの曲だけである。
第2楽章 ラルゲット 変ホ長調 2/2拍子 ロンド形式 
第1楽章と第3楽章とは対照的に、穏やかな優しい曲。木管とピアノの応答が美しい。
第3楽章 アレグレット ハ短調 2/2拍子 変奏曲 
主題と8つの変奏からなる変奏曲。アルフレート・アインシュタインは「革命的なぶきみな急速行進曲」と呼んでいる。第4変奏と第6変奏では、第2楽章に似た木管とピアノの楽しい応答がある。最後には6/8拍子に変わり、ニ短調の協奏曲とは違って悲劇的なまま締めくくられる。

第1楽章のカデンツァや第2、第3楽章のアインガングは、モーツァルト自身のものは残されていない。そのほかにもピアノのパートを完成させていない部分がいくつかある。これらは、モーツァルト自身が演奏会で即興演奏した部分と思われる。

関連する曲[編集]

  • モーツァルトが書いたハ短調の有名な作品には、管楽器のためのセレナード第12番K.388『ナハトムジーク』がある。この曲は、のちに弦楽五重奏曲第2番K.406に編曲された。
  • 第24番K.491が書かれた直前の3月2日にはピアノ協奏曲第23番K.488が作曲されている。直後に初演された『フィガロの結婚』のケッヘル番号はK.492で1つ違い。
  • ベートーヴェンもハ短調のピアノ協奏曲第3番を作曲している。両曲の第一楽章の第一主題、及び第三楽章の第一主題(どちらもハ短調で始まりト短調で終わる)はその類似性が指摘されている。アルフレート・アインシュタインは、ベートーヴェンはモーツァルトの曲に感嘆し、自分の曲の中で「二、三の貢物を捧げている」と述べている。またベートーヴェンは知人と散歩中、ある貴族の館からこの曲が流れてくるのを聴き「われわれが作るものはこれには全く及ばないな」と言ったという。

参考文献[編集]

  • アルフレート・アインシュタイン『モーツァルト-その人間と作品』 浅井真男訳、白水社、1961年、422頁

外部リンク[編集]