ピアノ協奏曲第15番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調 K.450は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した15番目のピアノ協奏曲である。

概要[編集]

1784年3月15日ウィーンで作曲され、自身が演奏する目的で作曲された。第15番からモーツァルトは、それまでのピアノ協奏曲のあり方を刷新し、自己の芸術的な欲求を打ち出したピアノ協奏曲を作曲するようになった。モーツァルトは第15番から第17番までの3曲を「大協奏曲」と呼んで第14番と区別しているが、第15番は、ピアノのテクニックや表現上の可能性の拡大が試みられているだけでなく、オーケストラの編成が増強され、オーケストラに独立した役割を与えている。特に管楽器のパートの用法が光彩を放っている[独自研究?](終楽章ではフルートが使用されている)。

初演は同年の3月24日に行われた。

楽器編成[編集]

独奏ピアノフルートオーボエ2、ファゴット2、ホルン2、弦5部(ヴァイオリン2部、ヴィオラ、バス)

演奏時間[編集]

約24分(各11分、5分、8分)

構成[編集]

3楽章の構成.

  • 第1楽章 アレグロ
  • 第2楽章 アンダンテ
  • 第3楽章 アレグロ

なお、モーツァルトは第2楽章の大部分を完成した後、根本的に作り直しており、その作り直す前のオリジナルの版が存在する。