ピアノ協奏曲第14番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ協奏曲第14番 変ホ長調 K.449は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲である。

概要[編集]

1784年ウィーンに滞在してから3年目になるモーツァルトは、6曲のピアノ協奏曲を作曲した。そしてそれらは1784年から1785年にかけて、確認されないものもあるが、間違いなく全て彼によって演奏されていることがわかっており、番号では第14、1516171819番までが作曲された。

当時のモーツァルトは、ピアニスト兼作曲家として、既にウィーンの音楽界では寵児だった。また、この年に初めて「自作品カタログ」を作り始めており、このカタログを飾る最初の作品となった。第14番は1784年2月9日に完成され、モーツァルトの弟子のひとりであったバルバラ・フォン・プロイヤー嬢のために作曲された。プロイヤー嬢はウィーン駐在のザルツブルク宮廷連絡官ゴットフリート・イグナーツ・フォン・プロイヤーの娘で、同年3月23日に自らの邸宅でこの協奏曲を演奏した。ただし、曲はそれに先立って3月17日に、モーツァルト自身が予約演奏会で初演し、満員の聴衆から称賛を浴びた。

楽器編成[編集]

独奏ピアノオーボエ2、ホルン2、ファゴット(任意)、弦5部

構成[編集]

全3楽章からなり、演奏時間は約20分。

第1楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ 変ホ長調、4分の3拍子
協奏的ソナタ形式によって書かれている。25小節からなるカデンツァはモーツァルト自筆のものが残されている。
第2楽章 アンダンティーノ 変ロ長調、4分の2拍子
3部形式であるが、明確に2つの主題を持っているうえ、中間部は同じ楽想であり、調性配置もソナタ形式に準じている。
第3楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ 変ホ長調、2分の2拍子-8分の6拍子
ふたつのエピソードを持つロンドである。コーダでは拍子が変わり、軽快な踊りの身振りとともに曲を閉じる。