ヒラリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒラリー・ハーン

ヒラリー・ハーン英語: Hilary Hahn1979年11月27日 - )はアメリカ合衆国ヴァイオリニストである。

バージニア州レキシントン生まれ、ボルティモア出身のドイツ系アメリカ人

経歴[編集]

3歳11か月のとき、地元ボルティモアの音楽教室でヴァイオリンを始める。クララ・ベルコヴィチによる5年間の指導(最初の1年はスズキ・メソード)を経て、1990年、10歳でフィラデルフィアカーティス音楽学校に入学し、17歳までウジェーヌ・イザイ最後の門下生ヤッシャ・ブロツキーに師事。ブロツキーの没後は19歳までハイメ・ラレードに師事。室内楽の勉強にも力を入れ、フェリックス・ガリミールゲイリー・グラフマンに師事した[1]

1991年、11歳の時に、Leakin Hallにて初リサイタル。1991年、12歳の時に副指揮者の小松長生指揮のボルティモア交響楽団と、サン=サーンスの「バイオリン協奏曲第3番」を協演したのが、メジャーオーケストラとの初協演となった。その後、クリーヴランド管弦楽団ピッツバーグ交響楽団フィラデルフィア管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックとも相次いで協演した。1995年にはドイツで、ロリン・マゼール指揮のバイエルン放送交響楽団と協演し、海外デビューを果たした。1996年にはフィラデルフィア管弦楽団と協演し、ソリストとしてカーネギーホールデビューを飾った。

同年、ソニー・ミュージックエンタテインメントと契約。1997年、デビューアルバムである「バッハ:無伴奏ソナタ・パルティータ集」がディアパゾン・ドール賞を受賞し、話題となる。1999年、カーティス音楽学校を卒業(必要単位取得後も勉強を続けるために在籍していた[2])。

1999年に、アメリカの作曲家エドガー・メイヤーのヴァイオリン協奏曲を初演し、録音した。

2001年、タイム誌によって"America's Best Young Classical Musician"と称された。

2001年のネヴィル・マリナー指揮のアカデミー室内管弦楽団との協奏曲(ブラームスストラヴィンスキー)の録音により、2003年、グラミー賞を受賞。同年、活動方針の食い違い[3]からソニーを離れ、ドイツ・グラモフォンと契約した。

ソリストとして世界中で演奏活動を続ける一方、室内楽でも活躍している。また、映画「ヴィレッジ」のサウンド・トラックやロックミュージシャンのアルバム「So Divided」においても演奏するなど、活動の幅を広げている。

楽器[編集]

パガニーニの所有していた'Cannone'のコピーであるヴィヨーム (Vuillaume) の1864年製[4]。弓はフランスの製作者 Paul Jombar と Emil Miquel によるもの[2]。弦はA線、D線、G線はすべてドミナントのミディアムゲージ、E線はワンダートーンを使用している[5]

脚注[編集]

  1. ^ オフィシャルサイト・バイオグラフィ
  2. ^ a b Julia, Zaustinsky (2002年11月14日). “Hilary Hahn: Fulfilling her Promise”. 2008年5月13日閲覧。
  3. ^ Beaucage, Réjean (2003-11-05). “Hilary Hahn - The Lady Ascending”. La Scena Musicale 9 (3). http://www.scena.org/lsm/sm9-3/Hilary_Hahn-en.htm 2008年5月13日閲覧。. 
  4. ^ UNIVERSAL CLASSICSによるプロフィール
  5. ^ Strings magazine 2005年1月号

外部リンク[編集]