ゲイリー・グラフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲイリー・グラフマンGary Graffman, 1928年10月14日 - )はアメリカ合衆国ピアニスト・音楽教師。存命する最高のピアニストの一人とみなされており、1995年からカーティス音楽院院長を務めてきたが、2005年度の学期末をもって退任の意思を示している。だが、引き続きピアノ科教授の一員として活動することになっている。

ロシア系ユダヤ人を両親にニューヨーク市に生まれる。3歳でピアノを始め、7歳でカーティス音楽院に入学、ヨゼフ・ホフマン等に師事する。10年後に卒業し、ユージン・オーマンディ指揮するフィラデルフィア管弦楽団と共演して、デビューを果たした。20歳になるまでに、アメリカ合衆国の内外でソリストとして名声を馳せる。1948年レーヴェントリット賞を受賞。

デビュー時からピアニストとして成功の道のりを歩んでいたが、ウラジーミル・ホロヴィッツルドルフ・ゼルキンのもとでさらに研鑽を積む。この間に、多くのオーケストラと共演し、マルボロ音楽祭などでの音楽会やリサイタルにも出演した。それから30年以上にわたって、演奏旅行や録音を積極的に行い、世界中のオーケストラと共演を重ねた。

その後、1979年に右手が故障するが、この時期から、文筆や写真・東洋美術など、他の関心を追究した。1980年にカーティス音楽院の教職員に迎えられ、教育活動に着手。1993年ネッド・ローレムの《ピアノ協奏曲 第4番》を初演。これは特に左手のために作曲されている。その後もグラフマンのために作曲された多くの作品を、過去10年間にわたって初演してきた。

長年にわたって音楽に専念・献身してきた功労により、フィラデルフィアやニューヨークなどの都市や、ペンシルベニア州政府などから様々な名誉や、名誉学位を授与されている。教育者としては、ピアノだけでなく、室内楽演奏の指導にも携わっている。有名な門人には、中国出身の郎朗ユジャ・ワン等がいる。