バーナード・バルーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーナード・バルーク(1920年)

バーナード・バルーク(Bernard Mannes Baruch、1870年8月19日 - 1965年6月20日)はアメリカ合衆国官僚政治家投資家サウスカロライナ州出身。第一次世界大戦ではウッドロウ・ウィルソン大統領の側近となり、戦時産業局長官を務める。1930年代には、金融界の大物から長老政治家として転身を遂げ、フランクリン・ルーズヴェルト大統領の顧問となる。バルーク案によりアメリカの独占による世界平和を唱え、冷戦という言葉を初めて使った[1]

概要[編集]

ユダヤ系理学療法の先駆者だった南軍軍医総監のサイモン・バルークの家庭に生まれる。 第一次世界大戦では、ウィルソン大統領の側近として戦時産業局の長官となる。このとき、武器や軍事物資の購入を取り仕切り、莫大に儲けたといわれる。イギリスとフランスのドイツへの賠償要求には反対し、ウィルソンの国際連盟構想を支持した[2]

ルーズヴェルト大統領はウィルソン大統領の影響を受けていたため、そのスタッフを自分の顧問にしていた。第二次世界大戦が始まり、軍事物資の供給が滞ったとき、ルーズヴェルトはバルークに助言を求めた。このときバルークは、内閣レベルで全ての物流を支配し、大統領がその全権を掌握するという強大な中央組織の創設を建言する。この方針に沿った機関の設立が進められ、1942年にはウォー・プロダクション・ボード(WPB)が組織される。

出典[編集]

  1. ^ Gaddis 2005 , p.54
  2. ^ Leab, Daniel et al., ed. "The Great Depression and the New Deal: A Thematic Encyclopedia." ABC-CLIO LLC., 2010, p. 11.

参考文献[編集]

カーチス・ドール『操られたルーズヴェルト―大統領に戦争を仕掛けさせたのは誰か』