ニューヨーク市立大学バルーク校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Baruch College
校訓 The American Dream Still Works
創立 1968 as an independent college
学校種別 公立
運営資金 $294 million[1][2]
学長 Mitchel Wallerstein
学長 John Brenkman (Interim)
教職員 500 (フルタイム)
職員 700
学部生 12,870
大学院生 3,240
所在地 USANYニューヨーク
住所 One Bernard Baruch Way, New York, NY 10010
キャンパス 都市
愛称 The Bearcats
マスコット Bearcat
所属提携 ニューヨーク市立大学
ウェブサイト www.baruch.cuny.edu
テンプレートを表示

ニューヨーク市立大学バルーク校 (Baruch College of The City University of New York) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン区にある公立総合大学である。ニューヨーク市立大学システムの一つ。

日本語では「ニューヨーク市立大学バルーク校」や「ニューヨーク市立バルーク大学」と訳されることが多い。地元では一般に「バルークカレッジ」と呼ばれている。 ニューヨーク市立大学郡の中でもバルーク校は最も入学が難しく、主力の大学である[要出典]。ニューヨークという場所柄、大学はアメリカの中で最も多様的な生徒が集まっているとされ、世界160カ国からの生徒が集まっている。バルーク校のジックリンスクールオブビジネスはビジネススクールとして全米25位に位置づけ、近年その評判を伸ばしている[要出典]。ビジネススクールの名前はラリー・ジックリン(en:Larry Zicklin)の学校への寄付から付けられた。

特に金融工学修士(Master Program in Financial Engineering)はMITやシカゴ大学を上回る全米4位(2013年度)の評価を受ける入学最難関のプログラムとされ、数多くの卒業生をニューヨークの投資銀行、ヘッジファンドに送り出している。


キャンパス[編集]

ニューヨーク市マンハッタン区ダウンタウンの東24丁目に校舎ビルを構える。

歴史[編集]

1919年、ニューヨーク市フリーアカデミーの跡地に、ニューヨーク市立大学シティカレッジのビジネス及び行政管理学部として設立される。 1958年に、財務官バーナード・バルークen:Bernard Baruch)に因み、バルークスクール (The Baruch School of Business)となる。 1968年、学生数の増大に伴いシティカレッジから分離独立し、ニューヨーク市立大学システムの一つニューヨーク市立大学バルーク校となる。

教育機関[編集]

バルークカレッジは、以下の三つのスクールによって構成される。

スポーツ・サークル・伝統[編集]

ビジネスと行政管理学部の人気が高く、特にビジネススクールは著名であり日本人留学生も多い[要出典]

有名な同窓生[編集]

  • en:Nathaniel Younger - en:Bank of America's Youth Entrepreneur of the Year 2006
  • en:Craig A. Stanley - member of en:New Jersey General Assembly since 1996
  • en:Marcia A. Karrow - member of en:New Jersey General Assembly
  • en:Dennis Levine - a prominent player in the Wall Street insider trading scandals of the mid-1980s
  • William Newman ('47) - Founder and chairman of New Plan Excel Realty Trust, Inc
  • Irwin Engelman ('55) - Director of New Plan Excel Realty Trust, Inc. Director at various other companies
  • Lawrence N. Field ('52) - Founder and principal of NSB Associates
  • Eris Field (’52) - Wife of Lawrence N. Field
  • Marvin Antonowsky (B.B.A. '49, MBA '52) - Media executive
  • Lawrence Zicklin (1957) - Managing principal and chairman of Neuberger Berman (Now part of Lehman Brothers)
  • Fernando Ferrer - New York City mayoral candidate in 2001 and 2005
  • William F. Aldinger III ('69) - Chairman and CEO of HSBC North America Holdings
  • Abraham Briloff (’37, MS, ’41) - Professor of Accounting
  • Robin Byrd, host of public access program The Robin Byrd Show.[3]
  • Nora McAniff - Co-chief operating officer of Time Inc
  • Nick Kamenoff - Senior Analyst at Barclays Capital, Lehman Brothers, Salomon Smith Barney
  • Bill Mccreary - Broadcaster
  • Michael L. Royce - Executive Director, New York Foundation for the Arts
  • Arthur Ainsberg ('68, MBA ‘72) - Director of Independent Research, Morgan Stanley
  • Larry Quinlan - Chief Information Officer, Deloitte & Touche USA LLP
  • Bert Mitchell - Chairman and CEO of Mitchell & Titus, LLP
  • JoAnn F. Ryan ('79, MS '83) - President & CEO, ConEdison Solutions
  • Michael I. Roth ('67) - Chairman & CEO, The Interpublic Group of Companies, Inc
  • Jaslyn Choo('07)- Chairman & CEO, Centre for Behavioral Science
  • Po Sit ('85) - Partner at Davis Polk & Wardwell
  • Craig A. Stanley - member of New Jersey General Assembly since 1996.[4]
  • Marcia A. Karrow - member of New Jersey General Assembly
  • Dennis Levine - a prominent player in the Wall Street insider trading scandals of the mid-1980s
  • Ralph Lauren - Chairman and CEO of Polo Ralph Lauren (dropped out)
  • Dolly Lenz - New York City real estate agent
  • Immortal Technique - hip-hop emcee
  • Jennifer Lopez - actress, singer, dancer (dropped out)
  • Tarkan - Turkish language singer
  • Burton Kossoff ('46) - Pioneer in packaging, founder of Burton Packaging Company
  • Sidney Harman ('39) - Founder and executive chairman of Harman Kardon
  • James Lam ('83) - Author and first CRO (Chief Risk Officer)
  • Abraham Beame ('28) - Mayor of New York City

現職教員[編集]

ランキング[編集]

  • プリンストンレビューで"ベスト大学院"の2009年版リストには含まれている。
  • フルタイムのMBAプログラムはニューヨークでトップ3にランクされた。どちらもニューヨーク州で唯一の公共プログラムとしてランクされた[要出典]
  • 学部ビジネスプログラムは全国で33位。ニューヨーク州/ニュージャージ州のエリアでは2番目に高い[要出典]
  • Wall Street Journal紙の2006年版/ハリスインタラクティブビジネススクール調査で上位50学校のうち50位にランクされた。
  • プリンストンレビューはBaruchを2006年に全国で上位25校の中で起業家養成コースは18位となった[要出典]
  • アメリカの中でも最も価値がある学部機関とされた。プリンストンレビュー、アメリカベストバリューカレッジ( 2007年)
  • 8年連続で米国の高等教育の中でも最も民族的に多様な機関のリストを占めている[要出典]
  • 第24回米国会計教授の調査では、Public Accounting Report( 2005 )で学部会計プログラム15位; Baruchの大学院会計プログラム22位[要出典]
  • 米国会計教授の調査の年次調査にて、国内での2008年ランキングで学部、大学院会計、それぞれ20位と22位だった[要出典]
  • Public Affairの修士課程は公共管理プログラムとして全国で上位20%にランクされる(USニュースアンドワールドリポート 2006年)
  • Baruchカレッジアメリカ大学のトップ10%となっている。プリンストンレビューによる[要出典]
  • 会計学で最も影響力の強い100人に、ハーバード大学に継ぐ2位を占めた[要出典]( 1999 )。
  • 公認会計士試験に合格する高度な学位を取得する全国1位にランキング[要出典]( 1999 )。

脚注[編集]

  1. ^ Baruch Means Business Campaign”. ...
  2. ^ Invest in Baruch College - Expanding the Vision”. ...

外部リンク[編集]