バスビー・バークレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Busby Berkeley
バスビー・バークレー
本名 ウィリアム・バークレイ・イーノズ
(William Berkeley Enos)
別名義 バズ (Buzz)
生年月日 1895年11月29日
没年月日 1976年3月14日(満80歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パームスプリングス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 コレオグラファー映画監督
ジャンル 舞台映画
活動期間 1900年 - 1973年
活動内容 1900年 5歳で初舞台
1925年 ブロードウェイで舞踊監督
1930年 映画界に進出
1933年 監督デビュー
配偶者 エスター・ミューア 1929年 - 1931年
マーナ・ケネディ 1934年 - 1936年
クレア・ジェイムズ 離婚
マイラ・ステッフェンズ 離婚
マーグ・ペンバートン 1945年 - 1945年
エッタ・ダン 1958年 - 1976年
主な作品
コレオグラファー
四十二番街
フットライト・パレード
踊る三十七年
監督
ゴールド・ディガース36年
私を野球につれてって

バスビー・バークレーBusby Berkeley, 1895年11月29日 - 1976年3月14日)は、アメリカ合衆国コレオグラファー映画監督である。

人物・来歴[編集]

1895年(明治28年)11月29日、アメリカ合衆国、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。

1900年(明治33年)、演劇一家の家族の劇団で、5歳で初舞台を踏む。第一次世界大戦では、野戦砲隊の中尉として従軍した。1920年代にはブロードウェイで舞踊監督として20本以上の舞台で活躍し、1925年(大正14年)には『ホルカ・ポルカ』のコレオグラファーとしてクレジットされている。

1930年(昭和5年)、映画界に進出、サミュエル・ゴールドウィン・スタジオで製作されたソーントン・フリーランド監督のミュージカル・コメディ映画『フーピー』の舞踊演出をする。1933年(昭和8年)には、ジョージ・エイミーとの共同監督作『シー・ハド・トゥ・セイ・イエス』で映画監督としてデビューした。1936年(昭和11年)から3年連続で、アカデミー賞の舞踊監督賞を受賞している。

1954年(昭和29年)のマーヴィン・ルロイ監督の『ローズ・マリー』を振付演出した以降は、ブロードウェイに戻り、もともとの舞台の演出に腕を振るった。映画界での最後の仕事は、1962年(昭和37年)、チャールズ・ウォルターズ監督の『ジャンボ』であった。

1976年(昭和51年)3月14日、カリフォルニア州パームスプリングスで死去した。満80歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

バークレイ監督作『私を野球につれてって』(1949年)

[編集]

外部リンク[編集]