サミュエル・ゴールドウィン・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミュエル・ゴールドウィン・スタジオ
Samuel Goldwyn Studio
市場情報 売却
略称 サミュエル・ゴールドウィン
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ハリウッド
設立 1923年
業種 サービス業
事業内容 映画の製作・配給
代表者 サミュエル・ゴールドウィン
主要株主 サミュエル・ゴールドウィン
特記事項:
1923年 設立
1980年 ワーナー・ブラザーズが撮影所を買収
1999年 ワーナー・ブラザーズが企業を買収、同社は撮影所を売却
テンプレートを表示
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
ザ・ロット
Searchtool.svg en:File:Pickford-Fairbanks Studios.jpg - 門の前に立つメアリー・ピックフォードダグラス・フェアバンクス

サミュエル・ゴールドウィン・スタジオSamuel Goldwyn Studio, 1923年 設立 - 1999年 売却)は、かつて存在したアメリカ合衆国映画会社である。

略歴・概要[編集]

サミュエル・ゴールドウィンは、ゴールドウィン・ピクチャーズが1920年代に事務棟とステージを賃借していた「ピックフォード=フェアバンクス・スタジオ」から、名を譲り受けたいと考えていた。ユナイテッド・アーティスツを通じて作品を配給していた独立系プロデューサーたちは、ハリウッドのフォーモサ・アヴェニューとサンタ・モニカ・ブールヴァードの交差点にあった「ユナイテッド・アーティスツ・スタジオ」としても知られたその撮影所を、使用していたからである。ゴールドウィンは、土地の使用権をもっていなかったが、ゴールドウィンとジョセフ・M・シェンクはその撮影所の敷地内の設備の多くを建てた。現在、「ザ・ロット」というニックネームは、同撮影所の正式名称である。

1939年(昭和14年)、メアリー・ピックフォードに自らの分の使用権を遺してダグラス・フェアバンクスが死去したあとで、ゴールドウィンは、同撮影所を「サミュエル・ゴールドウィン・スタジオ」と改称した。ピックフォードとゴールドウィンは、撮影所の名称と財産所有権をめぐって争い、1955年(昭和30年)に裁判所が競売に付すべしと命令するまで争いは続いた。

ゴールドウィンがもっとも信頼していたビジネス上の親友であり、サミュエル・ゴールドウィン・インクの社長であったジェイムズ・マルヴェイが、競売においてピックフォードより高値をつけて資産を競り落とした。同撮影所は正式に「サミュエル・ゴールドウィン・スタジオ」となり、1980年(昭和55年)にワーナー・ブラザーズが同地を買収するまで、その名は残った。

1999年(平成11年)、ワーナー・ブラザーズは同撮影所を売却し、同撮影所は「ザ・ロット」と名称を変更した[1][2]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]