ジョン・ガーフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ガーフィールド
John Garfield
John Garfield
紳士協定』(1947年)予告編より
本名 Jacob Julius Garfinkle
生年月日 1913年3月4日
没年月日 1952年5月21日(満39歳没)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク
死没地 ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 映画
配偶者 ロベルタ・サイドマン(1935年 - 1952年)

ジョン・ガーフィールド(John Garfield、本名: Jacob Julius Garfinkle、1913年3月4日 - 1952年5月21日)は、アメリカ合衆国俳優ニューヨーク出身。東欧ユダヤ系移民出身。

略歴[編集]

学生時代にボクシングと演技に出会うが、猩紅熱が元で心臓が弱く、ボクシングの道を断念、奨学金を得てマリア・オースペンスカヤの演劇学校に進む。1932年にブロードウェイ・デビューを果たす。しばらく舞台で活躍し、ハリウッドに移り映画に出演するようになる。1938年に出演した『四人の姉妹』で第11回アカデミー賞助演男優賞にノミネート。『郵便配達は二度ベルを鳴らす』ではラナ・ターナーと共に主演を務めるなど、スターとしての地位を築く。

しかし、1940年代に吹き荒れた赤狩りに巻き込まれ、ハリウッドのブラック・リストに載せられてしまう。

もともと心臓が悪く、またブラック・リストに載せられたストレスもあってか[1]、39歳という若さで死去。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1938 四人の姉妹
Four Daughters
ミッキー・ボーデン
1939 特ダネ監獄
Blackwell's Island
ティム・ヘイドン
革命児ファレス
Juarez
ポルフィリオ・ディアス
流れ者・さすらう二人
Dust Be My Destiny
ジョー・ビル
1941 海の狼
The Sea Wolf
ジョージ
1943 空軍/エア・フォース
Air Force
射撃手
黒い足音
The Fallen Sparrow
ジョン・マッキトリック
1944 ハリウッド玉手箱
Hollywood Canteen
霧の中の戦慄
Between Two Worlds
トム・プライアー
1946 郵便配達は二度ベルを鳴らす
The Postman Always Rings Twice
フランク・チャンバース
ユーモレスク
Humoresque
ポール
1947 ボディ・アンド・ソウル
Body and Soul
チャーリー・デイヴィス
紳士協定
Gentleman's Agreement
デイヴ・ゴールドマン
1948 悪の力
Force of Evil
ジョー・モース
1949 ストレンジャーズ6
We Were Strangers
トニー
1950 さすらいの涯
Under My Skin
ドン・バトラー
破局
The Breaking Point
ハリー・モーガン
1951 その男を逃すな
He Ran All the Way
ニック

脚注[編集]

  1. ^ W. Pechter, "Abraham Polonsky and 'Force of Evil'", Film Quarterly, vol. 15, nr. 3 - Spring 1962, p. 53 : Pechter interviewing Polonsky: "It has been suggested that John Garfield’s political difficulties and debarment from Hollywood work was a considerable influence in accelerating his early death. Do you have any opinion on this? Yes. He defended his streetboy’s honor and they killed him for it."

外部リンク[編集]