ハフス朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハフス朝
ムワッヒド朝 1229年 - 1574年 オスマン帝国
ハフス朝の国旗
(国旗)
ハフス朝の位置
公用語 不明
首都 不明
君主
1229年 - 1249年 アブー・ザカリーヤー1世(初代)
1249年 - 1277年 アブー=アブドゥッラー・ムハンマド・アル=ムスタンスィル(第2代)
1370年 - 1394年 アブールアッバース(第19代)
1394年 - 1434年 アブー=ファーリス(第20代)
1573年 - 1574年 ムハンマド7世(最後)
変遷
成立 1229年
滅亡 1574年
ハフス朝と周辺諸国

ハフス朝الدولة الحفصية al-Dawla al-Hafsīya ; الحفصيون al-Hafsīyūn 1229年 - 1574年)は、チュニスを中心にイフリーキヤ(現在のチュニジア)を支配したベルベル人イスラム王朝

歴史[編集]

成立[編集]

1228年に、ムワッヒド朝のイフリーキーヤの総督になったアブー・ザカリーヤーが、ムワッヒド朝がキリスト教徒の傭兵に頼らざるを得なくなって、自らの宗教的権威を否定したことに対し、同王朝の存立理念であったイスラム復興運動、ムワッヒド運動の真の教えと精神を守るという名目で、1229年アミールの称号を名乗って独立した[1]

発展[編集]

ムワッヒド運動の正統性を再興する手段として権力を握ったというプロパガンダはある程度成功を収め、アブー=ザカリーヤーの治世において早くもアルジェまで領土を拡大した。この結果、ザイヤーン朝の建国者、ヤグムラーサン・イブン=ザイヤーンもハフス朝の支配下に入り、モロッコマリーン朝グラナダナスル朝もハフス朝の宗主権を認めた[1]。ハフス朝治下では、現在も北アフリカマグリブ)で優勢なマーリク派イスラム法学と、聖者崇拝とがともに発達した。ハフス朝の繁栄のもとで首都チュニスは北アフリカの学問と文化の中心として栄え、イスラム世界が誇る大歴史家イブン・ハルドゥーンはハフス朝で生まれ育った。

また、プロヴァンスカタルーニャイタリア半島の諸共和国から外国人商人が頻繁にチュニスに到来し、ハフス朝治下の北アフリカは地中海交易で繁栄した[1]1239年には、ハフス朝の君主は、海上交易に従事する権利とシチリアの小麦を輸入する自由権に対する見返りとして、神聖ローマ帝国の皇帝フリードリヒ2世に貢物を納めることを始めた[1]

ハフス朝のスルタンは、ムワッヒド朝と同様、この時代に他のスンナ派イスラム王朝が行ったようにバクダードのアッバース朝カリフに統治者としての認証を求めることをせず、アブー=アブドゥッラー・ムハンマド・アル=ムスタンスィル(在位:1249年 - 1276年)は、1253年アミール=アル=ムウミニーン、すなわちカリフの称号を自ら称した。アッバース朝がモンゴル帝国によって滅ぼされた翌年の1259年にはイスラム教の聖地マッカ(メッカ)を支配するシャリーフによってカリフ位を承認され、翌年にはエジプトマムルーク朝にもその地位を認められた。1261年にはマムルーク朝のスルターン、バイバルスがアッバース朝の一族をエジプトに迎えてカリフに擁立し、ハフス朝の君主をカリフと認めるのをやめると、ハフス朝とマムルーク朝は一時的に反目状態になっている。一方で、ハフス朝は十字軍に対しては協力関係を保っていた。しかし、1270年フランス王ルイ9世第8回十字軍を率いてチュニスに侵攻すると、アル=ムスタンスィルはこれを撃退した。

衰退[編集]

アル=ムスタンスィルの死後、王家の中で内紛があって一時的に弱体化したが、アブールアッバース(在位:1370年 - 1394年)の時、内紛時に分立した小王国を除くかつての領土を再統一し、ハフス朝を編制し直すことに成功した。彼は、土地の払下げを廃止するとともに、各地の反抗を抑止し、王朝の権威を回復、ハフス朝を再興した。その後継者・アブー=ファーリス(在位:1394年 - 1434年)は、内紛時に分立した小王国を再併合し、解放奴隷から選んだ腹心の人物を地方総督に任じて、ハフス朝の再統一事業を完成する一方、再びザイヤーン朝にも支配権を及ぼし、モロッコやアンダルスにまで介入する勢いを示した。このようなハフス朝の力は、次のウスマーン(在位:1435年 - 1488年)の治世まで維持されたが、分裂、内乱とマリーン朝キリスト教徒などの外部勢力の侵攻に悩まされ、政治的には次第に不安定になっていった。

15世紀のハフス朝は、1382年にエジプトで成立したブルジー・マムルーク朝とはおおむね友好関係にあり、種々の機会に贈り物や儀礼の交換が行われた。ハフス朝治下の北アフリカは頑健で忍耐強い駿馬を生むアラビア馬の産地として知られ、マムルーク軍が騎兵を主力としていたことから、マムルーク朝から織物や香料が贈られると、代わりに馬が贈られ、またマムルーク朝からハフス朝に対して軍馬の買い付けが行われることもあった。

滅亡[編集]

16世紀に入ると地方勢力による分立の傾向がより強まり、1534年にはアルジェに拠るバルバリア海賊バルバロス・ハイレッディンの攻撃を受け、チュニスを一時的に奪われる。翌1535年神聖ローマ皇帝カール5世からの援軍を受け、アブスブルゴ朝スペインの保護国となることと引き換えにスルターンは復位した。しかし、東西からオスマン帝国に包囲されたハフス朝は、最終的に1574年にオスマン帝国によってチュニスを攻略され、滅亡した。

歴代君主[編集]

  1. アブー・ザカリーヤー・ヤフヤー1世(在位:1229年 - 1249年
  2. アブー=アブドゥッラー・ムハンマド・アル=ムスタンスィル(在位:1249年 - 1277年
  3. ヤフヤー2世アル・ワーシク(在位:1277年 - 1279年
  4. イブラーヒーム1世(在位:1279年 - 1282年
  5. アブド・アル・アジーズ1世(在位:1283年
  6. アフマド・イブン・マルズーク(在位:1283年 - 1284年
  7. ウマル1世(在位:1284年 - 1295年
  8. ムハンマド2世アル・ムスタシル(在位:1295年 - 1309年
  9. アブー・バクル1世アル・シャーヒド(在位:1309年
  10. ハーリド1世アル・ナーシル(在位:1309年 - 1311年
  11. ザカリーヤー1世アル・リーヤーニ(在位:1311年 - 1317年
  12. ムハンマド3世アル・ムスタンシル(在位:1317年 - 1318年
  13. アブー・バクル2世アル・ムタワッキル(在位:1318年 - 1346年
  14. アフマド1世アル・ムタワッキル(在位:1346年 - 1348年
  15. ウマル2世(在位:1349年 - 1350年
  16. アル・ファドル(在位:1350年
  17. イブラーヒーム2世アル・ムスタシル(在位:1350年 - 1369年
  18. ハーリド2世(在位:1369年 - 1370年
  19. アブールアッバース(在位:1370年 - 1394年
  20. アブー=ファーリス(在位:1394年 - 1434年
  21. ムハンマド4世アル・ムスタシル(在位:1434年 - 1438年
  22. ウスマーン(在位:1438年 - 1488年
  23. ヤフヤー3世(在位:1488年 - 1490年
  24. ザカリーヤ2世(在位:1490年 - 1494年
  25. ムハンマド5世アル・ムタワッキル(在位:1494年 - 1526年
  26. ハサン・ムハンマド6世(在位:1526年 - 1543年
  27. アフマド3世(在位:1543年 - 1569年
  28. ムハンマド7世(在位:1573年 - 1574年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d フルベク「マグレブにおける政治的統一の崩壊」、127頁

参考文献[編集]

  • 佐藤次高:編『新版世界各国史8 西アジア史I』山川出版社、2002年3月
  • 宮治一雄『世界現代史17 アフリカ現代史V』山川出版社、2000年4月
  • I.フルベク「マグレブにおける政治的統一の崩壊」『ユネスコ・アフリカの歴史』4 上巻収録(D.T.ニアヌ編, 同朋舎出版, 1992年3月)

関連項目[編集]