ハビエル・フォルトゥナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハビエル・フォルトゥナ
基本情報
本名 ハビエル・フォルトゥナ
通称 El Abejon
階級 スーパーフェザー級
身長 170cm
リーチ 178cm
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
誕生日 1989年7月15日(25歳)
出身地 ラ・ロマーナ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 23
KO勝ち 17
敗け 0
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ハビエル・フォルトゥナJavier Fortuna、男性、1989年7月15日 - )は、ドミニカ共和国プロボクサーラ・ロマーナ出身。元WBA世界フェザー級暫定王者

来歴[編集]

2009年3月30日、プロデビュー。

2010年8月19日、サントドミンゴのドミニカン・フィエスタ・ホテル&カジノで行われたWBAフェデボルスーパーフェザー級王座決定戦でフランシスコ・ロレンゾと対戦するも、1回1分46秒無効試合で王座獲得ならず。

2011年3月12日、アメリカ合衆国コネチカット州レッドヤード市フォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズで行われたWBCインターコンチネンタルフェザー級ユース王座決定戦でデリック・ウィルソンと対戦し、8回2分28秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。同王座は1度防衛した。

2012年7月6日、ハードロック・ホテル&カジノクリストバル・クルスと対戦し、2回2分22秒TKO勝ちを収めた。

2012年12月8日、MGMグランドにて、マニー・パッキャオファン・マヌエル・マルケス第4戦の前座でWBA同級6位のパトリック・ハイランドWBA世界フェザー級暫定王座決定戦を行い3-0の僅差判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2013年4月19日、アトランティックシティトロピカーナ・カジノ&リゾート・アトランティックシティでWBA同級15位のミゲール・サムディオとWBA世界フェザー級暫定王座の初防衛戦を行う予定だったが、フォルトゥナが前日計量で127ポンドと体重超過があり、2時間後の再計量でも126.8ポンドと体重超過となり試合直前にして王座剥奪となった[2]。サムディオが勝てばサムディオが新王者となりフォルトゥナが勝てば王座は空位となる条件で試合が行われ、フォルトゥナが1回1分8秒KO勝ちを収めた為[3]、王座は空位となった。

2013年12月29日、WBAからWBA世界スーパーフェザー級暫定王者ブライアン・バスケスとの異例となる暫定王者への指名試合が発令された[4][5]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 肩脱臼のフォルトゥーナが戴冠 WBAフェザー級暫定王座戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月10日
  2. ^ Fortuna loses WBA title on the scale WBA公式サイト
  3. ^ フォルトゥーナ 68秒KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月20日
  4. ^ Moreno vs Payano and Vázquez vs Fortuna ordered to begin negotiation WBA公式サイト 2012年12月29日
  5. ^ バスケスが内山との再戦を熱望 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月30日

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
パトリック・ハイランド
WBA世界フェザー級暫定王者

2012年12月8日 - 2013年4月18日(剥奪)

次暫定王者
剥奪により消滅