ネストリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネストリウス(Nestorius、381年? シリアゲルマニキア(いまのトルコカフラマンマラシュ) - 451年?)は、シリアのアンティオキア学派に属するコンスタンティノープル大主教[1]キリスト教ネストリウス派の祖とされる。

428年コンスタンチノープル大主教となったが、イエス・キリストの神性と人性を区別し、イエス・キリストの母マリア神の母聖母)ではないとする説を説いた。そのため、431年エフェソス公会議でネストリウスの説は異端とされ、国外追放となり、エジプトへ移った。なお、ネストリウスの説は451年カルケドン公会議において改めて異端とされた。

ネストリウスの弟子たちは、帝国の東部でその働きを続けて、ペルシャインド中国まで拡大した。唐時代には、ネストリウス派は景教と呼ばれた。

生涯[編集]

381年にゲルマニア生まれ、モプスエスティアのテオドーロスの下でアンティオキア神学を学び、アンティオキア長老修道士、説教者として活躍した。428年にコンスタンティノープルの大主教に任じられた。アタナシオスを支持し、アレクサンドリアの主教キュリロスらと対立した。キュリロス学派は、神性に中心がおかれた、非人格的な人間性以上のものをキリストに認めようとしなかった。

ネストリウスは主教になった時に、キリストの母マリヤの名称として、「神の母」theotokosという語を使うこと反対する説教を行った。それは、この語が文字通りにいえば、「神を生むもの」であり、当時、民衆の中で起こっていた聖処女マリヤへの宗教的な畏敬を助長すると考えたからである。その代わりにかれは、「キリストの母」Christotokosという語を提案した。そして、マリヤはキリストの人間的な面であると論じた。

ネストリウスはイエス・キリストの人間性と神性とを完全に独立した二つの自立存在(ヒュポスタシス)として並存していたと考えていた。この論点において、キュリロス派と激しく対立。キュリロス派は独自のキリスト論を提出して、アンティオキア学派およびネストリウスに対して激しい論争を展開した。なお、アレクサンドリア学派(キュリロス派)はプラトン主義の系譜にあり、アンティオキア学派はアリストテレスの系譜をひいていた[2]

ローマ帝国内で論争が激化したので、東ローマ帝国の皇帝テオドシウス2世西ローマ帝国の皇帝ヴァレンティニアヌス3世431年エフェソス公会議を招集した。教会の指導者たちは、キュリロスとエフェソスの主教メムノンとの陰謀により、エフェソスの公会議でネストリウスは異端と宣告され、主教職を罷免される。なおキュリロスも騒動の一翼をになった責任で、一時罷免されるが、のち復職した。ネストリウスはエジプトに亡命し、修道院に隠遁することになった。436年、上エジプトのイビスで客死した。

死の直前、450年に自叙伝風の書物、『ダマスコのヘラクレイデス論』を著した。この書は、1910年 に再発見され、ネストリウスの研究に大きな変化をもたらした[3]

異端として認定されて以降は、ネストリウスを支持する教徒らはネストリウス派を形成し、各地で活動を展開した。なおアレクサンドリア学派も451年のカルケドン公会議において異端と認定され、同時にネストリウスの罷免も帳消しとなったが、異端としての認定は変わらなかった。

脚注[編集]

  1. ^ まだこの時代、コンスタンティノープルに総主教制は成立しておらず、大主教の地位にとどまっていた。
  2. ^ ・日本基督教協議会文書事業部キリスト教大辞典編集委員会編『キリスト教大辞典』 教文館 1981年。
  3. ^ 「ヘラクレイデスのバザール」とも。英訳はThe bazaar of Heracleides notes &appendices by G.R. Driver & Leonard Hodgson.New York : AMS Press, 1978

参考文献[編集]

  • E.ケァンズ『基督教全史』
  • 石黒則年『新キリスト教辞典』1991年、1008ページ
  • ウィリストン・ウォーカー『古代教会(キリスト教史)』、1984年

関連項目[編集]