ニューカッスル空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューカッスル空港
New Castle Airport
New Castle Airport DE - 16 Mar 1992.jpg
IATA: ILGICAO: KILGFAA: ILG
概要
空港種別 公共
所有者 ニューカッスル郡
運営者 デラウェア川・デラウェア湾公社
所在地 デラウェア州
ウィルミントン
所在部隊 デラウェア空軍州兵
標高 79 ft / 24 m
座標 北緯39度40分43秒 西経075度36分24秒 / 北緯39.67861度 西経75.60667度 / 39.67861; -75.60667
ウェブサイト NewCastleAirportILG.com
滑走路
方向 全長 表面
ft m
1/19 7,012 2,137×46 アスファルト
9/27 7,181 2,189×46 アスファルト
14/32 4,603 1,403×46 アスファルト
統計 (2006)
離発着数 136,154
所在機数 282
出典: 連邦航空局[1]

ニューカッスル空港(ニューカッスルくうこう、New Castle AirportIATA: ILG)は、アメリカ合衆国デラウェア州北部にある空港。同州の最大都市ウィルミントンの中心部から南へ約6km、ニューカッスル市に立地する[1]ニューカッスル郡空港とも呼ばれる。また、かつてはウィルミントン空港グレーター・ウィルミントン空港とも呼ばれていた。第二次世界大戦中には空軍の基地として使用され、ニューカッスル空軍基地と呼ばれていた[2]。現在は主にジェネラル・アビエーションと呼ばれる、チャーター機や自家用機を発着させるための空港として機能しているほか、デラウェア空軍州兵C-130(ハーキュリーズ)輸送機、UH-60(ブラックホーク)ヘリコプターUH-1(イロコイ)ヘリコプターが発着する基地にもなっている。

歴史[編集]

第二次世界大戦中、ニューカッスル空港は空軍の基地として使用され、ニューカッスル空軍基地と呼ばれていた。この基地は陸軍航空婦人操縦部隊WASP)の本拠地であった。WASPの女性パイロットは主にテスト・パイロットや輸送などの非戦闘要員として任務にあたった。ニューカッスル空港には、当時WASPに配属されていた女性パイロットを讃える像が立っている。

第二次世界大戦が終結すると、デラウェア空軍州兵の利用するスペースを確保することを条件に、空港は軍から郡に明け渡された。それからしばらくの間は郡が空港の管理・運営にあたっていたが、1990年代後半、空港が財政難に陥ると、郡はデラウェア州政府とニュージャージー州政府のジョイント機関であるデラウェア川・デラウェア湾公社(DRBA)に30年間のリース契約で貸し出された。DRBAが空港の運営を引き継いでからは、空港の収益性が高まり、老朽化した建物の建て替えや新たな建物の建設が進んだ。

現在、デラウェア州は全米50州で唯一、州外からの航空機の定期便がない州である。ニューカッスル空港はデラウェア州の空港の中では「最後の砦」であったが、1991年ユナイテッド航空がニューカッスル空港への便を廃止した。州域が狭く、州の人口が少なく、さらにフィラデルフィアボルチモアワシントンD.C.という、大規模な国際空港を有する大都市に近く、州の住民がそれら州外の空港を利用できることが要因であった。その後は断続的にいくつかの航空会社がニューカッスル空港への便を就航させたが、いずれも長くは続かなかった。1992年にはUSエアウェイズのUSエアウェイズ・エクスプレスがウェストバージニア州パーカーズバーグからニューカッスルへの便を就航させたが、翌1993年に廃線となった。シャトル・アメリカは1998年に50席のダッシュ 8-300機を投入してニューカッスルとコネチカット州ハートフォードニューヨーク州バッファローバージニア州ノーフォークの3都市を結ぶ便を設けたが、2000年にこれら独自路線の運航をやめ、大手航空会社と提携してユナイテッド・エクスプレスやデルタ・コネクションを運航するようになった。2006年にはデルタ航空が同社最大のハブ空港であるアトランタハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港からの便を就航させたが、翌2007年9月6日に廃止された。オハイオ州コロンバスに本社を置いていたスカイバス航空2008年3月8日にポート・コロンバス国際空港ノースカロライナ州グリーンズボロピードモント・トライアド国際空港からニューカッスルへの便を就航させたが、4月には同社が倒産し[3]、これらの便も就航からわずか1ヶ月で運航停止となった。

施設[編集]

ニューカッスル空港は506haの敷地に3本の滑走路を有する[1]

  • 滑走路 1/19: 長さ7,012フィート(2,137m) x 幅150フィート(46m)
  • 滑走路 9/27: 長さ7,181フィート(2,189m) x 幅150フィート(46m)
  • 滑走路 14/32: 長さ4,603フィート(1,403m) x 幅150フィート(46m)

2006年には、ニューカッスル空港には年間136,154機(1日平均373機)の航空機が離着陸した。そのうち83%はジェネラル・アビエーション(チャーター機・自家用機など)で、12%が軍用、4%がエア・タクシー、定期旅客便は1%であった。ニューカッスル空港を基地とする航空機は282機で、そのうち59%は単発機で、23%がジェット機、9%が双発/多発機、6%がヘリコプター、3%が軍用であった[1]

現在、空港のメインターミナルの店舗はほとんどが閉鎖、ないし撤退している。大手レンタカー会社3社(アラモ、エイビス、ナショナル)、およびカフェ・バマという飲食店が残っているのみである。

[編集]

外部リンク[編集]