テオドレトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キュロスのテオドレトスギリシア語Θεοδώρητος ο Κύρου, 393年 - 457年)は、教父、著作家、神学者キュロス主教司教)。アンティオキア学派の神秘思想家であり、初期東ローマ帝国(ビザンツ帝国)時代の神学論争において、単性論に反駁した[1]正教会で聖人[2]

生涯[編集]

テオドレトスの母はなかなか子どもが与えられなかったので、生まれた子どもを神に捧げると誓い、与えられた子どもに「神の賜物」を意味する「Θεοδώρητος 」の名を付けた。

著作[編集]

  • 『シリアの修道士の歴史』
  • 『神の摂理について』

など

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「テオドレトス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。