ティッカネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティッカネン
英字表記 Tikkanen
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1991年
Cozzene
Reiko
母の父 Targowice
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 George W.Strawbridge Jr.
馬主 Augustin Stable
調教師 Jonathan Pease(フランス
→Chirstophe Clement(アメリカ
競走成績
生涯成績 17戦4勝
獲得賞金 1,599,335ドル
テンプレートを表示

ティッカネンTikkanen1991年 - )はフランス競走馬種牡馬1994年ブリーダーズカップ・ターフを制した。馬名はフィンランドアイスホッケープレイヤー、イーサ・ティッカネン (Esa Tikkanen) から。

戦績[編集]

1993年10月にデビューし初戦を勝利。その後G1クリテリウムドサンクルーに出走し3着となり、2歳シーズンを終える。

1994年は準重賞で3着となったのちG2グレフュール賞に勝利し重賞初勝利。しかしその後は入着はするものの勝てなくなり、イタリア大賞4着を最後にアメリカ合衆国に移籍する。

アメリカ初戦はターフクラシック招待ステークス。6番人気と注目されなかったが、クビ差で制しG1競走初勝利を挙げる。次に陣営が選んだ競走はブリーダーズカップ・ターフ。ここで鞍上に名手マイク・スミスを起用。今年9戦8勝のパラダイスクリークをはじめ名牝ハトゥーフやティッカネンが敗れたリュパン賞ジョッケクルブ賞の勝ち馬セルティックアームズなどが出走し、この年最高とも言われるメンバーが揃いティッカネンは6番人気になっていた。しかしレースではハトゥーフに1馬身1/2をつけレコードタイムで勝利、G1競走2連勝となった。

4歳になったティッカネンは初戦をジョッキークラブステークスとし1番人気で出走するがクビ差の2着に敗れる。続くコロネーションカップも1番人気に推されるが4着となり、結局ブリーダーズカップ・ターフ後は1勝も出来ずにハリウッドターフカップ7着を最後に引退した。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1993.10.07 エヴリ サンピエールアジフ賞 芝1600m 1着 G.ギニャール (Turbo Fan)
1993.10.13 サンクルー クリテリウムドサンクルー G1 芝2000m 3着 G.ギニャール 5 1/2馬身 Sanshack
1994.04.04 ロンシャン クールセル賞 LR 芝2100m 3着 C.アスムッセン 2 3/4馬身 Rainbow Dancer
1994.04.24 ロンシャン グレフュール賞 G2 芝2100m 1着 C.アスムッセン ハナ (Solid Illusion)
1994.05.15 ロンシャン リュパン賞 G1 芝2100m 3着 C.アスムッセン 1 3/4馬身 Cletic Arms
1994.06.05 シャンティイ ジョッケクルブ賞 G1 芝2400m 4着 C.アスムッセン 2 3/4馬身 Cletic Arms
1994.06.26 カラ アイリッシュダービー G1 芝12f 5着 W.スウィンバーン 14馬身 Balanchine
1994.08.28 バーデンバーデン フュルシュテンベルクレネン G3 芝2200m 2着 R.コクレーン ハナ Twen
1994.09.18 サンシーロ イタリア大賞 G1 芝2400m 4着 L.デットーリ 1馬身 Close Conflict
1994.10.08 ベルモントパーク ターフクラシック招待S G1 芝12f 1着 C.アスムッセン クビ (Vaudeville)
1994.11.05 チャーチルダウンズ ブリーダーズカップ・ターフ G1 芝12f 1着 M.スミス 1 1/2馬身 (Hatoof)
1995.05.05 ニューマーケット ジョッキークラブS G2 芝12f 2着 C.アスムッセン クビ Only Royale
1995.06.10 エプソム コロネーションカップ G1 芝12f10y 4着 C.アスムッセン 3馬身 Sunshack
1995.07.02 サンクルー サンクルー大賞 G1 芝12f 4着 C.アスムッセン 4馬身 Camegie
1995.09.16 ベルモントパーク マンノウォーステークス G1 芝11f 8着 M.スミス 7馬身 Milkom
1995.10.07 ベルモントパーク ターフクラシック招待S G1 芝12f 6着 M.スミス 9馬身 Turk Passer
1995.12.10 ハリウッドパーク ハリウッドターフカップ G1 芝12f 7着 C.アスムッセン 3馬身 Royal Chariot

引退後[編集]

引退後は日本に輸入され、アロースタッド種牡馬として繋養されていた。血統内にノーザンダンサーサンデーサイレンスも入っていないことから期待されていたが、たいして活躍馬は出ず2003年アイルランドに売却された。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ティッカネン (Tikkanen)血統カロ系 / Princequillo 4×4=12.50%、Nasrullah 5×5=6.25%)

Cozzene
1980 芦毛
Caro
1967 芦毛
*フォルティノ Grey Sovereign
Ranavalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
Ride the Trails
1971 鹿毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Wildwook Sir Gaylord
Blue Canoe

Reiko
1979 栗毛
*ターゴワイス
1970 鹿毛
Round Table Princequillo
Knight's Daughter
Matriarch Bold Ruler
Lyceum
Beronaire
1974 栗毛
*Ribero Ribot
Libra
*No Luck Lucky Debonair
No Teasing F-No.1-s (1-x)

外部リンク[編集]