シアトリカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアトリカル
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1982年3月13日
死没 2012年8月31日(30歳没)
Nureyev
ツリーオブノレッジ
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Mr.&Mrs. Bertram R. Firestone
馬主 Bertram R. Firestone
& Allen E. Paulson
調教師 Dermot K.Weld(アイルランド)
Robert J.Frankel(アメリカ)
William I.Mott(アメリカ)
競走成績
生涯成績 22戦10勝
獲得賞金 6万6284ポンド
284万500ドル
テンプレートを表示

シアトリカル (Theatrical) は、アイルランド競走馬種牡馬である。1987年エクリプス賞最優秀芝牡馬。半弟にはタイキブリザードが、近親にはアーリントンミリオンステークスなどを制した種牡馬パラダイスクリークチャンピオンステークスなどを制した種牡馬デビッドジュニアがいる。

戦績[編集]

1984年10月にデビュー。3戦無敗でエプソムダービーに向かうも、勝ったスリップアンカーから大きく離された7着。続くアイリッシュダービーは、ローソサイエティに半馬身差の2着とG1では勝ちきれなかった。

4歳となった1986年、ベルリン大賞をアカテナンゴの2着としたのを最後にアメリカに移籍。この年のブリーダーズカップ・ターフでは、マニラにクビ差2着と好走する。

1987年にモット厩舎に転厩すると本格化。この年は9戦7勝、7勝中G1を6勝。負けた2戦も2着入線、3着と高い安定感を見せた。引退レースとなったブリーダーズカップ・ターフでは、凱旋門賞馬トランポリーノを半馬身抑え、名実ともに1987年の芝のチャンピオンホースとなった。

おもな勝鞍[編集]

  • ブリーダーズカップ・ターフ (G1)
  • ターフクラシック (G1)
  • マンノウォーステークス (G1)
  • ハイアリアターフカップ (G1)
  • ボーリンググリーンハンデキャップ (G1)
  • ソードダンサーハンデキャップ (G1)

種牡馬時代[編集]

引退後の1988年に馬主が保有していたアメリカのブルックサイドファームで種牡馬入りした。馬主の死去により、2002年からはヒルンデイルファームで繋養された。

アイリッシュダービーを制したザグレブをはじめ、20頭以上のG1勝ち馬を輩出。種牡馬としても高い実績を残した。日本でも牝馬G1を2勝し、牡馬とも好勝負をくり広げたヒシアマゾンなどが活躍し、100頭以上の産駒が輸入される人気ぶりであった。母の父としてもアメリカの芝G1を7勝のイングリッシュチャンネル凱旋門賞勝ち馬レイルリンクなどを出している。

2009年限りで種牡馬を引退。ヒルンデイルファームで余生を過ごし、2012年8月31日夜に老衰のため30歳で安楽死の処置がとられた[1]

おもな産駒[編集]

ほかG1勝ち馬多数。

日本調教馬[編集]

ブルードメアサイアーとしては以下の活躍馬を輩出している。

血統表[編集]

シアトリカル血統ヌレイエフ系 / Nearco4×5=9.38%、Hyperion5×5=6.25%、Court Martial5×5=6.25%(母内))

Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Special
1969 鹿毛
Forli Aristophanes
Trevisa
Thong Nantallah
Rough Shod

*ツリーオブノレッジ
Tree of Knowledge
1977 鹿毛
Sassafras
1967 鹿毛
Sheshoon Precipitation
Noorani
Ruta *ラティフィケイション
Dame d'Atour
Sensibility
1971 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Pange *キングスベンチ
York Gala F-No.3-h

脚注[編集]

外部リンク[編集]