チーフベアハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

  class="infobox" style="width:22em; float:right;"> >

チーフベアハート > > >  > > > 品種 > サラブレッド > > > 性別 >  > > > 毛色 > 栗毛 > > > 生誕 > 1993年2月1日 > > > 死没 > 2012年9月18日(19歳) > > > 父 > Chief's Crown > > > 母 > Amelia Bearhart > > > 生国 > カナダの旗 カナダ > > > 生産 > Richard D.Maynard > > > 馬主 > Sam-Son Farm > > > 調教師 > Mark R.Frostad(カナダ) > > > 競走成績 > > > 生涯成績 > 26戦12勝 > > > 獲得賞金 > 3,129,017ドル 2000万円 > >  class="noprint"> テンプレートを表示 > >

チーフベアハート (Chief Bearhart) は、カナダ競走馬。引退後種牡馬として日本に輸出された。

1990年代後半に芝中長距離路線で活躍し、1997年ブリーダーズカップ・ターフをはじめG1を3勝。1997、1998年度のソヴリン賞年度代表馬、1997年度のエクリプス賞最優秀芝ホース牡馬などを受賞。2002年には、カナダ競馬殿堂入りを果たした。

 >目次

 >

  class="toclevel-1 tocsection-1">1 戦績   class="toclevel-1 tocsection-2">2 主な産駒   class="toclevel-1 tocsection-3">3 競走成績

  class="toclevel-1 tocsection-4">4 血統表  >

  class="toclevel-2 tocsection-5">4.1 血統背景   class="toclevel-1 tocsection-6">5 脚注   class="toclevel-1 tocsection-7">6 外部リンク

 >戦績[編集]

カナダのダービーに相当するクイーンズプレートで4着に敗れるなどダートでは芽が出なかったが、芝の競走を中心に使われるようになると、カナダ三冠最終戦のブリーダーズステークスでは2着馬に9馬身半という大差をつけて優勝。 さらに、カナディアンインターナショナルステークスでもシングスピールの2着に入り頭角を現した。

翌1997年、古馬となると本格化。カナディアンインターナショナルステークスでG1初制覇を果たすなど6戦4勝2着2回という好成績を残して、ブリーダーズカップ・ターフに出走。 本命視されていたシングスピールが故障で回避したこともあり、本馬が1番人気に支持された。 レースでは、直線で大外から脚を伸ばし、ドイツボルジアを4分の3馬身抑えてレースレコードで優勝した。

5歳となった翌1998年も、G1のマンハッタンハンデキャップを制し、カナダ国内では、ナイアガラブリーダーズカップハンデキャップ、スカイクラシックハンデキャップと連勝するなどの活躍を見せた。 しかし、連覇を狙ったカナディアンインターナショナルステークスでは、ロイヤルアンセムから2馬身差の2着。 続くブリーダーズカップ・ターフでも、スローペースでレース展開が向かなかったこともあり、追い込みきれずにバックスボーイの4着に終わった。 この後は、外国招待馬の目玉としてジャパンカップに出走。 規定によりラシックス鼻出血防止用)が使用できないという不利も影響してか、追い込み及ばずエルコンドルパサーの4着に終わり、この競走を最後に現役を引退した。

引退後は、JRAに420万ドル(約5億)で購買され、1999年から日本軽種馬協会静内種馬場で種牡馬入りし、2001年からはシャトル種牡馬としてニュージーランドでも種付けを行っていたが、2012年9月18日午前6時(JST)、急性心不全のため静内種馬場で逝去[1]

 >主な産駒[編集]

基本的に中距離を得意とする馬が中心ながら,ダートや短距離さらには障害で活躍する馬も輩出するなど、産駒は幅広く活躍している。2009年マイネルキッツ天皇賞(春)を制覇、ビービーガルダンスプリンターズステークスで2着、同一年に産駒が3200mと1200mのGIで連対したのは2006年サンデーサイレンスディープインパクト(天皇賞(春)1着)、オレハマッテルゼ高松宮記念1着))以来で、史上2頭目となった。

メルシーエイタイム(2002年産)
マイネルキッツ(2003年産 )

太字はGI級競走

 >競走成績[編集]

  class="wikitable" style="text-align:center; font-size: smaller;">  >

出走日 > 競馬場 > 競走名 > 格 > 距離 > 馬場 > 着順 > 騎手 > 着差 > 1着(2着)馬

 > >  >

1995 > 01.25 > ウッドバイン > 未勝利 >  > ダ5F >

 >

4着 > E.ラムザミー > 10馬身 > Frozen Ice

 > >  >

1996 > 03.23 > フェアグラウンズ > 未勝利 >  > 芝8F > 堅良

 >

1着 > R.ロメロ > 4馬身 > (Mister Eye)

 > >  >

04.13 > キーンランド > 一般競走 >  > 芝8.5F > 堅良

 >

3着 > R.ロメロ > 6馬身 > Trail City

 > >  >

05.26 > ウッドバイン > 一般競走 >  > ダ8.5F >

 >

1着 > S.ホウリー > 6 1/2馬身 > (Bold Decision)

 > >  >

06.23 > ウッドバイン > プレートトライアル >  > ダ9F >

 >

3着 > S.ホウリー > 2馬身 > Northface

 > >  >

07.07 > ウッドバイン > クイーンズプレート >  > ダ10F >

 >

4着 > S.ホウリー > 3 3/4馬身 > Victor Cooly

 > >  >

07.25 > ウッドバイン > 一般競走 >  > 芝11F > 堅良

 >

1着 > S.ホウリー > 2 1/2馬身 > (Set Ablaze)

 > >  >

08.25 > ウッドバイン > ブリーダーズS >  > 芝12F > 堅良

 >

1着 > M.ウォールズ > 9 1/2馬身 > (Firm Dancer)

 > >  >

09.29 > ウッドバイン > カナディアン国際S > G1 > 芝12F >

 >

2着 > S.ホウリー > 2馬身 > Singspiel

 > >  >

10.26 > ウッドバイン > ブリーダーズCターフ > G1 > 芝12F >

 >

11着 > S.ホウリー > 11馬身 > Pilsudski

 > >  >

1997 > 04.11 > キーンランド > メーカーズマークマイルS > G3 > 芝8F > 堅良

 >

2着 > J.サントス > 1/2馬身 > Influent

 > >  >

04.25 > キーンランド > エルコーンS > G2 > 芝10F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 1/2馬身 > (Snake Eyes)

 > >  >

06.14 > ウッドバイン > キングエドワードBCH > G3 > 芝9F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 3 1/4馬身 > (Crown Attorny)

 > >  >

07.04 > アーリントン > スターズ&ストライプスBCH > G3 > 芝10F > 堅良

 >

2着 > J.サントス > 頭 > Lakeshore Rod

 > >  >

09.28 > ウッドバイン > スカイクラシックH > G2 > 芝11F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 6馬身 > (Honor Glide)

 > >  >

10.19 > ウッドバイン > カナディアン国際S > G1 > 芝12F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 2 1/4馬身 > (Downth Asl)

 > >  >

11.08 > ハリウッドパーク > BCターフ > G1 > 芝12F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 3/4馬身 > (Borgia)

 > >  >

1998 > 04.22 > キーンランド > エルクウッドS > G3 > 芝12F > 稍重

 >

2着 > J.サントス > 3/4馬身 > African Dancer

 > >  >

6.6 > ベルモントパーク > マンハッタンHC > G1 > 芝10F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 1 3/4馬身 > (Dvonwood)

 > >  >

07.11 > ベルモントパーク > ボーリンググリーンH > G2 > 芝11F > 堅良

 >

3着 > J.サントス > 4 1/4馬身 > Cetewayo

 > >  >

08.15 > サラトガ > ソードダンサーHC > G1 > 芝12F > 堅良

 >

5着 > J.サントス > 3 1/2馬身 > Cetewayo

 > >  >

09.05 > ウッドバイン > ナイアガラBCH > G1 > 芝12F > 堅良

 >

1着 > J.サントス > 2 3/4馬身 > (Green Means Go)

 > >  >

09.27 > ウッドバイン > スカイクラシックH > G1 > 芝11F > 稍重

 >

1着 > J.サントス > 3 1/4馬身 > (Green Means Go)

 > >  >

10.18 > ウッドバイン > カナディアン国際S > G1 > 芝12F > 堅良

 >

2着 > J.サントス > 2馬身 > Royal Anthem

 > >  >

11.07 > チャーチルダウンズ > BCターフ > G1 > 芝12F > 堅良

 >

4着 > J.サントス > 3馬身 > Buck's Boy

 > >  >

11.29 > 東京 > ジャパンC > GI > 芝2400m >

 >

4着 > J.サントス > 4 3/4馬身 > エルコンドルパサー  > >

 >血統表[編集]

  cellpadding="0" style="margin:1em auto; text-align:left; clear:both; border:1px solid #aaa; border-collapse:collapse; width:90%">

  style="background-color:#ccc">

チーフベアハート血統ダンジグ系 / Bold Ruler4×3=18.75% Nasrullah5×4×5=12.50% Nearco5×5×5=9.38%)

 > >  >


Chief's Crown
1982 鹿毛

 >

Danzig
1977 鹿毛

 >

Northern Dancer

 >

Nearctic

 > >  >

Natalma

 > >  >

Pas de Nom

 >

Admiral's Voyage

 > >  >

Petitioner

 > >  >

Six Crowns
1976 栗毛

 >

Secretariat

 >

Bold Ruler

 > >  >

Somethingroyal

 > >  >

Chris Evert

 >

Swoon's Son

 > >  >

Miss Carmie

 > >  >


Amelia Bearhart
1983 栗毛

 >

Bold Hour
1964 黒鹿毛

 >

Bold Ruler

 >

Nasrullah

 > >  >

Miss Disco

 > >  >

Seven Thirty

 >

Mr.Music

 > >  >

Time to Dine

 > >  >

Myrtlewood Lass
1972 鹿毛

 >

Ribot

 >

Tenerani

 > >  >

Romanella

 > >  >

Gold Digger

 >

Nashua

 > >  >

Sequence F-No.13-c  > >

 >血統背景[編集]

 >脚注[編集]

  class="references">   id="cite_note-1">^ チーフベアハート号が死亡 - 日本中央競馬会公式サイト 2012年9月18日閲覧

 >外部リンク[編集]