タニストロフェウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タニストロフェウス
地質時代
三畳紀中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
: プロラケルタ目 Prolacertiformes
: タニストロフェウス科 Tanystrophidae
: タニストロフェウス属 Tanystropheus
学名
Tanystropheus
Meyer[1]1855
  • T. conspicuus 模式種
  • T. longobardicus
  • T. meridensis

タニストロフェウス (Tanystropheus) は、中生代三畳紀中期に出現した爬虫類絶滅した恐竜ワニなど主竜類に近縁なプロラケルタ目に属する[2]

属名のTanystropheusとは、ラテン語で“長い脊椎”の意。

概要[編集]

タニストロフェウスは1855年ポーランドで発掘された。ヨーロッパ各地で化石が発見されているが、近年では中国でも同種と見られる化石が発掘されている。

全長の半分以上、2/3近くが首であり、現在知られている古今の脊椎動物の中で、全長に対して首の長さが占める割合が最も大きい生物である。

特徴[編集]

タニストロフェウスの全身骨格化石

全長は約6メートル。長い首は10個の椎骨で構成されている[3]。このため、椎骨の一つ一つが非常に長く、初めて発見された時は脚の骨と間違えられた程である[3]。この長い首に柔軟性は乏しく、左右に振る事はある程度可能であったが、曲げ伸ばしは出来なかったとされる[2]。なお、この首の長さは、物理学の法則下においてほぼ限界近くであるという[2]

前肢は小さく華奢で、後肢は長かった。首の長さ故、陸上での歩行は得意でなかったであろう。後肢端には水かきがあったとも言われ、水中生活にある程度適応していたとされる。長い尾を使って泳いだとされるが、やはり泳ぐのも得意でなかったという。おそらくはあまり泳がず水底に脚をつけて歩き、魚などを待ち伏せしていたのであろう。[2]

化石の示すところによれば、首は幼体のうちは短く、成長するにつれ長くなった[2]。幼体のうちは陸上で生活し、成長すると水中で生活していたと見られる。長い首を使って、魚を捕って食べていたと考えられている。

化石から、カナヘビのように尾を自切することが出来ることが判明した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Friedrich Albrecht Anton Meyer (1768-1795) naturalist or ヘルマン・フォン・マイヤー (1801-1869) palaeontologist
  2. ^ a b c d e 『よみがえる恐竜・古生物』 66頁
  3. ^ a b 『恐竜博物図鑑』 38頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ティム・ヘインズ・ポール・チェンバーズ 『よみがえる恐竜・古生物』 群馬県立自然史博物館、椿正晴訳、ソフトバンククリエイティブ、2006年、66頁。ISBN 4-7973-3547-5
  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、38頁。ISBN 4-7875-8534-7