タイムズスクエア・ボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイムズスクエア・ビジターズセンターのディスプレイ上にて2008年のタイムズスクエア・ボール。2009年からは、このボールより大きいものが使われている。

タイムズスクエア・ボール(Times Square Ball)は、ニューヨーク市ワン・タイムズスクエアにあるタイム・ボール(報時球)で、年越しのカウントダウンに使われる。12月31日の午後11時59分、新年を表すために設置された旗竿を77フィート(23メートル)落下する。1907年12月31日の夜に最初に行われ、戦時中であった1942年と43年を除き、それ以来毎年行われている。ボールは、100の白熱電球、鉄、木材などでできており、コンピュータ化されたLED照明システムを利用している。ボールの設計は、毎年最新式のものに変わっている。2009年時点で、タイムズスクエア1番地に設置され、メンテナンスの場合のみ取り除かれる。

タイムズスクエア・ボールの落下は、少なくとも10億の人々が視聴し、100万人が参加する、世界的にもよく知られた新年の祝賀イベントの1つである[1]。また、米国の他の都市で行われている同様のイベントも盛り上げている。[2]

歴史[編集]

現在のタイムズスクエアでの大晦日の祝賀会は、1904年に始まった。その頃、新聞社ニューヨーク・タイムズが、ロングエーカー・スクエアのタイムズ・スクエア1番地に、新しい本部(当時市で2番目に高い)を建て、スクエアの名称をタイムズ・スクエアに改名するよう市に説得した。改名は、1904年4月8日に行われた。新聞のオーナーであったアドルフ・オクスは、会社の本部の完成を、建物の上で、1903年12月31日の深夜に花火大会をして祝うことを決めた。20万人近くの人が、それまで毎年行われてきたトリニティ教会での祝賀会へ行かず、このイベントに参加した[3]。しかし、オクスは、タイムズスクエアへより多くの人の目を引くため、より大きなイベントを望んでいた。4年間行われた祝賀会の後、新聞社のチーフ電気技師であるウォルター・F・パーマーは、屋根の旗竿から電光がついたタイム・ボールを落下されることを計画した。ボールは、25ワットの電球100個で照明され、材料は鉄と木、重さ700ポンド(320㎏)、直径が5フィート(1.5メートル)だった。これが最初に使用されたのは、1908年(1907年12月31日)である。深夜に1秒間で落下した。ニューヨーク・タイムズは後に、西43丁目229番地に本社を移転させているが、祝賀会は、毎年タイムズスクエア1番地で行われている。

初代のボールは、1920年に交代となった。2番目のボールは、直径は5フィート(1.5メートル)のままで、重さ400ポンド(180㎏)、材料は鉄となった。第二次世界大戦中、灯火管制のため、1942年と1943年の大晦日が共に中止となった。このとき、参加者らは、タイムズスクエアの至る所に取り付けられたスピーカーからのチャイムの音を聞き、真夜中に黙祷を捧げた。1955年、2番目のボールも、直径5フィート(1.5メートル)、重さ150ポンド(68㎏)、アルミニウム製の3番目のボールと取り替えられた。3番目のボールは、I Love New Yorkキャンペーンのために、外観からりんごの印象を受ける、赤い電球と緑の軸を1981年から89年まで飾られていた。1989年にもとに戻ったが、1991年に湾岸戦争を記念して、赤と青の新しいボールに替えられた。

ボールの複製は、アイルランドのウォーターフォード・クリスタル本社で展示されている。

3番目のボールは、ラインストーン、コンピューター化された照明装置のストロボを特色とし、1995年の大晦日のため、同年に改造された。その後、新世紀の到来のため、新しいボールが用意された。重さ1,070ポンド(490㎏)で、直径6フィート(1.8メートル)の4番目のボールは、ウォーターフォード・クリスタルでつくられ、504個のクリスタル・トライアングルと、168個のハロゲンランプの内側に432個の電球、赤、青のストロボで、緑、黄色で外部を照らした。トライアングルの多くは、「フェローシップの望み」「学問の望み」「まとまりの望み」「勇気の望み」「治療の望み」「裕福の望み」など、年一回変わるテーマについてのメッセージを記入していた。2001年には、アメリカ同時多発テロで、国に支援した組織の名前が彫られた。2007年のニューイヤーズイブの2006年12月31日、発光ダイオードを新しくした。1999年につくられたボールの複製は、アイルランドのウォーターフォード・クリスタル工場で展示されている。

タイム・ボール100周年を記念し、2007年の大晦日のため、5番目のボールがデビューした。直径は6フィート(1.8メートル)のままだが、重さは1,212ポンド(550㎏)と重くなり、ニューヨーク・シティのライトを焦点にかたくつけられた。点灯パターンがコンピュータ化されたフィリップスのLED照明(1670の色をつくることができる)を使用している。ボールは、10台のトースターと同じ電力しか消費しない、9,567個のエネルギー効率のよい電球を使っている。2008年のボールは、この年のみ使われた。2009年のニューイヤーズイブには、新しいボールがつくられた。新しいボールは、2008年のボールの設計を活かしながら、その2倍もの大きさを持っていた。最新のボールは、重さ11,875ポンド(5,386㎏)、直径12フィート(3.7メートル)で、正二十面体ジオデシック・ドーム型のボールである。新しいボールが使用されるため、タイムズスクエアの旗竿は、スクエアからの高さ475フィート(145メートル)にもなっており、長くなっている。新しいボールは、一年中スクエアの上に置かれる[4]

2005年と06年のイベント以来、ボールが落とされる前に、ジョン・レノンイマジンが流される。2011年からは生演奏となった。

2011年(に向けて)はタイオ・クルーズ、12年はシーロー・グリーン[5] [6]、13年はトレイン[7]、14年はシンガーソングライターのMelissa Etheridgeが歌唱した[8]

スペシャル・ゲスト[編集]

ボールの落下は、伝統により、コンサート・ステージ上にあるボール型のボタンを押すことで始まる(実際には、WWVBセット原子時計で動くコンピューターによってボールが落とされる)[9]。通常、市長はこのボタンを押すため、重要な人物を毎年選んで、スペシャル・ゲストとしている。全グループが招待されることもある。下記は、1996年以来のゲストのリストである。

深夜の天気[編集]

ボールの落下が始まった1907年以来のニューヨーク市の平均気温は、33.7℉(1℃)である。

最も寒かったのは、1917年の1℉(-17℃)で、2番目は、1962年の11℉(-12℃)である。また、最も気温が高かった年は、1965年と1972年の58℉(14℃)だった。104回のこれまでのイベントのうち、ボールの落下中に雪が降っていた年は、1926年、1934年、1948年、1952年、1961年、1967年、2009年である。雨も何回か降っている[25]

群衆の整理[編集]

2007年12月31日、タイムズスクエアにて。ボールの落下を待つ、100万人の群衆。

毎年カウントダウンには、100万人もの人々が詰めかける。ニューヨーク市警察(NYPD)は、押したり、なだれを打って走ったりしないよう、群衆を厳重に整理している。警察は、タイムズスクエアを一般に「ペン」と呼ばれるエリアに分割し、人々が広場に集まり次第、ペンへ誘導される。ペンは43丁目あたりから始まり、人でいっぱいになるとそのペンを閉じて、最終的にセントラルパークの方まで道を北上していく。ペンから出ることもできるが、その後再び入ることはできない。

さらに、タイムズスクエアへのアクセスは、祝賀会の間、制限されている。タイムズスクエア付近のホテルに泊まる客でも、エリア内に立ち入るには、本当に客であることを警察に証明しなければならない。アルコール飲料は許されず[26]、公衆トイレもない[26]

出典[編集]

  1. ^ “NYC ball drop goes 'green' on 100th anniversary”. CNN. (2007年12月31日). http://www.cnn.com/2007/US/12/31/new.year.us/?iref=mpstoryview 2007年12月31日閲覧。 
  2. ^ Times Square Alliance : About the New Year's Eve Ball”. Timessquarenyc.org (2008年11月11日). 2011年12月21日閲覧。
  3. ^ History of New Year's Eve in Times Square”. Times Square Alliance. 2007年12月31日閲覧。
  4. ^ The "New" New Year's Eve Ball”. Times Square Alliance. 2008年11月24日閲覧。
  5. ^ Cooper, Gael Fashingbauer (2012年1月1日). “Fans angry that Cee Lo changed 'Imagine' lyrics”. msnbc.com. http://entertainment.msnbc.msn.com/_news/2012/01/01/9875746-fans-angry-that-cee-lo-changed-imagine-lyrics 2012年4月18日閲覧。 
  6. ^ Cee Lo Green changes lyrics to Lennon's Imagine to include pro-religion message enraging fans”. The Daily Mail. 2012年4月19日閲覧。
  7. ^ Live Times Square New Year's Eve Webcast: Watch Train, Cassadee Pope”. Billboard.com. 2013年12月27日閲覧。
  8. ^ Etheridge added to Times Square New Year's Eve lineup”. USA Today. 2013年12月27日閲覧。
  9. ^ Balkin, Adam (2003年12月30日). “Technology Helps Times Square New Year's Eve Ball Drop Run Smoothly”. NY1. http://www.ny1.com/content/36078/technology-helps-times-square-new-year-s-eve-ball-drop-run-smoothly 2012年4月15日閲覧。 
  10. ^ MAYOR GIULIANI ANNOUNCES NEW TRADITION FOR NEW YEAR'S EVE: COMMUNITY HERO TO LEAD TIMES SQUARE CELEBRATION
  11. ^ CITY KEEPS THE BALL ROLLING IT'S ANOTHER ROUND IN TIMES SQ. FOR SEASONED PARTYERS
  12. ^ On the ball: Sang Lan was in the spotlight on New Year's...
  13. ^ DOCTORS WITHOUT BORDERS TO JOIN TIMES SQUARE BALL DROP DURING NEW YEARS EVE FESTIVITIES
  14. ^ Ali To Drop Ball On New Year's
  15. ^ Huge Times Square Crowd Watches Ball Drop
  16. ^ Bloomberg Announces Special Guest For New Year's 2004 Celebration In New York
  17. ^ Regis, Colin Powell ring in New Year's with'energy, enthusiasm'
  18. ^ Neither rain nor snow slows Times Sq. party
  19. ^ Military Service Members Honored at Time Square Celebration
  20. ^ Happy 2008 New Year's, New York!
  21. ^ Bill And Hillary Clinton Lower Times Square 2009 New Years Eve Ball
  22. ^ America's Best High Schools Heads to Times Square
  23. ^ Sgt. Salvatore Giunta in NYC for New Year’s Eve
  24. ^ Justin Bieber to perform on New Year’s Eve in Times Square
  25. ^ NEW YEAR’S EVE DAY - 1ST Ball Drop 1907”. Erh.noaa.gov. 2010年12月31日閲覧。
  26. ^ a b New Year's Eve in Times Square - See the Ball Drop in New York City's Times Square”. Manhattan.about.com. 2010年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]