アイ・ラブ・ニューヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
I New Yorkのロゴタイプ

"I Love New York"(アイ・ラブ・ニューヨーク)は、1970年代から1980年代にかけてアメリカ合衆国ニューヨーク州が行った観光キャンペーン。このキャンペーンのために作られた判じ絵ロゴマーク"I NY"は今なお世界的に有名である。

1977年ニューヨーク市のグラフィックデザイナーミルトン・グレイザ- (Milton Glaser) によって制作された。ハートのシンボル「」で"Love"を表現している[1]。 このロゴがプリントされたグッズ(Tシャツやマグカップ、キャップなど)はニューヨークみやげの定番。マンハッタンにある商店では買物の際のレジ袋にもこのロゴ(の模造品)が描かれていることがある。ニューヨーク州観光局の登録商標であるが、パロディとして多数の模造デザインが生まれた。

ニューヨーク州歌[編集]

1977年のキャンペーン開始時に、テーマソングとしてスティーブ・カーメンがキャンペーンと同名の"I Love New York"を作詞作曲し、州政府に寄贈した[2]

この楽曲は1980年に州議会の承認とヒュー・L・ケアリー州知事の署名により、ニューヨーク州の正式な州歌として制定されている。著名な歌唱としては、マドンナが歌うロック調にアレンジしたバージョン(アルバムコンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』に収録)がある。

脚注[編集]

  1. ^ I NY -BRAND GUIDELINES-ロゴパターンと使用規定(2008年版)
  2. ^ What Is the State Song of New York?(wiseGEEK)

外部リンク[編集]