セント・マロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1720年のボーニュ湖近郊地図

Saint Malo, セント・マロ は、ルイジアナ州セントバーナード郡ボーニュ湖畔に存在していた小さな漁村18世紀中期から20世紀初期にニューオリンズ・ハリケーン(1915年)で破壊されるまで存在していた。マニラガレオン貿易による、フィリピン人のアメリカ合衆国での最初の居住地であり、アジア人の初めての居住地としても考えられている。

村の名前[編集]

セント・マロの名は、逃亡奴隷グループのリーダーに因む。1784年、Jean Saint Malo をリーダーとする逃亡奴隷グループはボーニュ湖の湿地帯へ逃げたがスペイン軍に捕まり、1784年6月19日にセント・ルイス・カテドラルの前(今のジャクソン・スクウェア)で絞首刑に処された。

起源[編集]

1763年マニラ・ガレオン貿易のスペイン船から逃亡したフィリピン人によって設立された。彼らはスペイン人居住地から遠い、ルイジアナ州の湿地帯に居住し、この地域に住んだ人を Manilamen、後に Tagalas と呼んだ。彼らは100年以上に渡り自治で、ひっそりと暮らしていた。

1883年ジャーナリスト ラフカディオ・ハーン によって彼らの存在がアメリカ人に知られることになった。

住居[編集]

ハーンの記録に依ると、彼らは小さな家に住んでいたが、palmetto, パルメット(低木のヤシ)や、トウで編んだ家は過酷な自然環境に耐えられる物ではなかった。湿地帯では強い材料が見つからなかった為、他のルイジアナの地域からで運んで来た。湿地帯のなどのから守る為に全てのに網を張り、多くのなどの爬虫類や他の動物にも注意しなければならなかった。家具テーブル椅子ベッドなどは無かった。 パイナップル科の植物、Spanish Moss をマットレスの様に使っていた。ハーンの記録には、漁師は夜になると、小麦粉、畳んだ燻製などの上で寝た。

生活スタイル[編集]

食物[編集]

魚:オイルを付けて食べ、生魚を食べていても病気にはかからなかった。

フィリピン人の主食である、は稀に食べられた。

宗教[編集]

カトリック:近隣のニューオリンズから聖職者が訪ねていたとされるが、分かっていない。

行政[編集]

税制警察は無く、独自のルールを持っていた。

論争が起こると、村の最長老の者が仲裁し、これに従わない者、或は問題を起す者は、“fish-car”と呼ばれる一時しのぎの牢獄に投獄された。過酷で貧しい環境であった為に、問題を起こした者は通常判決に従った。村はセントバーナード郡の行政区内だが、ルイジアナ政府役人や、税務署員が訪れたことは1度も無かった。

家族[編集]

ハーン が訪れたときに、女性は基本的に住んでいなかった。過酷で孤立した環境の為、家族を持つ者はニューオリンズなどの地域へ移住した。

フィリピン人の女性が居なかった為、Manilamen はケイジャンネイティブ・アメリカンなどの女性と結婚した。彼らの子どもはニューオリンズの学校に通った。

米英戦争時[編集]

Manilamen (村民)は米英戦争ニューオーリンズの戦い1815年)に参加、フランス海賊ジャン・ラフィットとともにアンドリュー・ジャクソン軍に加わった。

1815年1月8日en:Edward Pakenham率いる、約8,000人のイギリス兵はニューオリンズを制圧しようとしていた。それに対しアンドリュージャクソン率いるアメリカ兵は約1,500人、歴史家Marina Espina によると、アメリカ軍は通常の軍隊、市民軍狙撃手、2連隊ミシシッピ・デルタ海賊によって構成されていた。この海賊に村民が含まれている、或は指していると思われる。当時スペイン語をその地域で話す人々は Manilamen だけであった為この海賊はボーニュ湖畔地域の "Spanish fishermen" ("スペイン系漁師") と説明されている。

その後[編集]

セント・マロは最古のフィリピン人合衆国内居住地だが、その後他にも居住地が建てられた。Manila Village, Barataria Bay は最大で最も有名であった。

ルイジアナ以外にもフィリピン人はメキシコ各地に居住地を見つけた、彼らはスペイン語を話した為、アメリカ合衆国より容易に適応した。

参考文献[編集]

Marina Espina - Filipinos in Louisiana (A. F. Laborde & Sons, New Orleans, Louisiana, 1988)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]