セントジョンズベリーアカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セントジョンズベリー・アカデミー    St. Johnsbury Academy
所在地
セントジョンズベリー, バーモント州, アメリカ合衆国
情報
種別 私立, ボーディングスクール
宗教 non-sectarian
創立 1842年
Headmaster Thomas W. Lovett
学生数 約1000人
1クラス
平均人数
15 (1クラス平均の生徒数)
学生教師比率 8 to 1
キャンパス 50 エーカー (0.2 km²)
スクールカラー 緑と白
体育 19 Interscholastic Sports
マスコット Hilltoppers
外部リンク

セントジョンズベリーアカデミー(St. Johnsbury Academy)とは、アメリカ合衆国バーモント州セント・ジョンズベリーにある、私立・共学の寮制進学校で、9年生から12年生が通学する。1842年創立。

 概要 [編集]

最寄のバーリントン空港から車で約90分ほどのバーモント州の北東部にあるセントジョンズベリー町にキャンパスを構える。アメリカの教育省から「模範的な学校の一つ」と称された教育実績を誇る。1980年代初めよりアジアからの留学生を積極的に受け入れており、長年にわたり日本人留学生を受け入れている実績を持つ。通学生の割合が80%と高いが、学校施設は一般の短期大学並みに充実している。カリキュラム数は全米屈指の250であり、大学レベルの授業も幅広い分野で数多く開講している。全米で“教育バウチャー”教育にかかる費用を地方自治体が補助する制度)を最初に取り入れた学校の一つとされている。アメリカンフットボールのライバル校であるLyndon Instituteとの対校試合は1894年から行われている。毎年10日間、東京の海城学園から高校生を迎えているほか、ドイツのシュトゥットガルトへの留学プログラムを設けている。毎年サマースクールも開催しており、約6週間生徒は地元でホームステイをしながら行われる。カルヴィン・クーリッジ(第30代アメリカ大統領)がここで学んだ。