セシル・カラタンチェワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セシル・カラタンチェワ Tennis pictogram.svg
Karatantcheva WMQ13-003.jpg
セシル・カラタンチェワ
基本情報
ラテン文字名 Sesil Karatantcheva
国籍 ブルガリアの旗 ブルガリア
カザフスタンの旗 カザフスタン
出身地 ブルガリア・ソフィア
居住地 アメリカ合衆国・サラソタ
生年月日 1989年8月8日(25歳)
身長 171cm
体重 63.5kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2009)
全仏 ベスト8(2005)
全英 2回戦(2005)
全米 2回戦(2005)
4大大会最高成績・ダブルス
全英 1回戦(2005)
全米 1回戦(2005)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 35位(2005年11月7日)
ダブルス 154位(2010年4月19日)
2011年10月15日現在

セシル・カラタンチェワSesil Karatantcheva, ブルガリア語: Сесил Каратанчева, 1989年8月8日 - )は、ブルガリアソフィア出身の女子プロテニス選手。2005年全仏オープン女子シングルスでベスト8に入ったが、その時に発覚したドーピング違反により2年間の出場停止処分を言い渡され、そこから復帰を果たした。現時点では、まだWTAツアーでシングルス・ダブルスともに優勝はない。身長171cm、体重64kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAランキング最高位はシングルス35位、ダブルス154位。

来歴[編集]

彼女の父親はボートのブルガリア国内チャンピオンで、「ボート・ワールドカップ」で7着入賞の経歴を持つ人であり、母親はバレーボールのブルガリア国内チャンピオンであった。そのようなスポーツ一家に生まれたセシルは、父親の手ほどきで5歳からテニスを始めたが、最初はテニスに乗り気ではなかったという。14歳の時、著名なテニスコーチのニック・ボロテリーに才能を認められ、アメリカフロリダ州ブレイデントンにある「ニック・ボロテリー・テニスアカデミー」で練習を始めた。2004年に初めて女子テニス国別対抗戦・フェドカップブルガリア代表選手に抜擢される。同年の全米オープンで初めて4大大会の予選会を通過し、本戦1回戦で第9シードのスベトラーナ・クズネツォワロシア)に敗れる。2004年のジャパン・オープンで初来日し、アニコ・カプロスハンガリー)との2回戦まで進出した。

2005年全仏オープンにて、セシル・カラタンチェワは初めてのベスト8に進出した。1回戦のアリョーナ・ボンダレンコウクライナ)戦から始まり、2回戦で日本浅越しのぶを下すと、3回戦で第11シードのビーナス・ウィリアムズを 6-3, 1-6, 6-1 で破る殊勲を挙げた。続く4回戦も快勝して、一気にエレーナ・リホフツェワロシア)との準々決勝まで勝ち進む。29歳のベテラン選手には 6-2, 4-6, 4-6 の逆転で敗れた。ところが、この全仏オープンでの検査により、彼女が筋肉増強剤の「ナンドロン」に陽性反応を起こしたことが発覚する。この検査結果に対しカラタンチェワは当初「摂取していた栄養補助食品に禁止物質が含まれていた」と答えていたが[1]、その後「当時妊娠しており、そのせいで禁止物質が分泌された。現在は流産している」と別の主張を述べるようになる。この主張により妊娠検査も行われたがその結果は陰性であった[2]。2005年シーズンの競技終了後、国際テニス連盟(ITF)の決定により、2006年1月1日から2年間の出場停止処分に加え、全仏オープン以後に獲得した賞金とランキング・ポイントがすべて没収されることになった[3]。彼女はこの件をスポーツ仲裁裁判所(CAS)に持ち出したが、CASはITFの決定を支持した。

出場停止処分が明けた2008年から、カラタンチェワは女子ツアーに復帰を果たす。2008年ウィンブルドンから4大大会予選会に再挑戦できるようになったが、ウィンブルドンと全米オープンでは予選2回戦敗退に終わった。 2009年全豪オープンで、カラタンチェワは復帰後初めて予選会を突破し、2005年全米オープン以来となる本戦復帰を成し遂げた。本戦では2回戦で彭帥中国)に 4-6, 0-6 で敗れた。

全豪オープン予選会に先立ち、カラタンチェワは1月10日付でカザフスタン市民権の取得を発表した。父親でコーチを務めるラドスラフは3年契約で財政的な支援を受ける代わりにフェドカップカズフスタン代表チームの為に働くという契約による変更措置だと話しており[4]、同年2月からは「カザフスタン国籍」でツアーを転戦している。全仏オープンは予選2回戦敗退に終わり、(4年前にベスト8入りした)全仏の本戦には届かなかった。主催者推薦で出場した2010年全豪オープンから4大大会では予選敗退が続いていた。

2012年全仏オープンでは予選決勝で敗退したが、ベラ・ズボナレワの欠場によりラッキールーザーとして2年ぶりに4大大会の本戦に出場し初戦を突破した。2回戦でカルラ・スアレス・ナバロに 6-4, 4-6, 1-6 で敗れた。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年7月20日 オーストリアの旗 バートガシュタイン クレー セルビアの旗 ナターシャ・ゾリッチ チェコの旗 アンドレア・フラバーチコバ
チェコの旗 ルーシー・ハラデツカ
3-6, 3-6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 通算成績
全豪オープン A 1R A A A 2R 1R LQ LQ 1R LQ 1–4
全仏オープン A QF A A A LQ LQ LQ 2R LQ LQ 5–2
ウィンブルドン A 2R A A LQ 1R LQ LQ LQ LQ LQ 1–2
全米オープン 1R 2R A A LQ LQ LQ LQ 1R LQ LQ 1–3

脚注[編集]

  1. ^ BBC (2006年7月3日). “Karatantcheva ban appeal rejected”. 2009年9月12日閲覧。
  2. ^ girlstalksports.com (2005年12月21日). “Bulgarian tennis player Sesil Karatantcheva shocked by drugs test”. 2009年9月12日閲覧。
  3. ^ ITF (2006年1月12日). “Decision in the case of Sesil Karatantcheva”. 2009年9月12日閲覧。
  4. ^ ロイター (2009年1月10日). “Briefs 2-Bulgarian Karatantcheva to play tennis for Kazakhstan”. 2009年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]