スカイフラッシュ (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカイフラッシュ
RAF Museum Cosford - DSC08471.JPG
種類 視程外距離空対空ミサイル
製造国 イギリスの旗 イギリス
設計 ブリティッシュ・エアロスペース
性能諸元
ミサイル直径 20.3cm
ミサイル全長 3.68m
ミサイル全幅 1.02m
ミサイル重量 193kg
弾頭 39.5kg
射程 45km
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 セミアクティブ・レーダー・ホーミング(SARH)
飛翔速度 マッハ4.0
テンプレートを表示

スカイフラッシュ(Skyflash)は、イギリスBAe社が開発したセミアクティブ・レーダー・ホーミング(SARH)誘導方式の視程外距離空対空ミサイルアメリカ合衆国スパローの発展型であり、イギリス空軍のほかスウェーデン空軍などで使用された。

概要[編集]

1973年よりXJ521計画として開発が開始された。スパローのE型(AIM-7E)の発展計画であり、主な改良箇所はシーカーや誘導装置、信管など内部回路系統である。特にシーカーの電波は逆モノパルスとなり、低空目標への対処能力が向上している。また、ECCM(対電子妨害対抗能力)も向上した。なお、空力関係など外形はほとんど変化がない。そのため、スパローとの搭載互換性は高い。なお、制御は、中央部の4枚の動翼によって行われ、尾端は安定翼である。

1978年より、イギリス空軍への実戦配備が開始され、F-4へ搭載された。1985年からはトーネードADVにも搭載されている。F-4、トーネードとも、ミサイルは胴体下部に半埋め込み式に4発搭載される。

1991年には改良型としてアクティブレーダー誘導式の「アクティブスカイフラッシュ」の開発が検討されたが、1991年に中止となった。1996年からイギリス空軍では後継ミサイルとしてAIM-120の導入が開始され、退役が進められている。

運用国[編集]

参考文献[編集]

  • 軍用機ウエポン・ハンドブック 航空機搭載型ミサイル・爆弾450種解説(青木謙知 イカロス出版)ISBN 4-87149-749-6