レッドトップ (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドトップ
Red Top missile.png
レッドトップミサイル
種類 空対空ミサイル
原開発国 イギリス
運用史
配備期間 1964 - 1988
配備先 イギリスクウェートサウジアラビア
開発史
製造業者 ホーカー・シドレー
派生型  ?
諸元
重量 154 kg
全長 3.32 m
翼幅 0.91 m
弾体直径 0.23 m

弾頭 31 kg (68.3 lb) コンティニュアス・ロッド弾頭
信管 Green Garland 赤外線近接信管;接触信管(2次的)

エンジン Linnet 固体ロケット
行動距離 7.5 miles (12 km)
速度 Mach 3.2
誘導方式 赤外線ホーミング、限定的ではあるが全方向ロックオン可能
操舵方式 翼面制御式

ホーカー・シドレー(後にブリティッシュ・エアロスペースレッドトップ(Hawker Siddeley Red Top)はイギリスが独自開発して配備した、ファイアフラッシュ(限定使用のみ)、ファイアストリークに続く、3番目の空対空ミサイルで、赤外線パッシブホーミング方式を採用し、限定的ではあるが全方向ロックオンが可能であった。

開発[編集]

レッドトップは、もともとは、デ・ハビランド ファイアストリークのアップグレード版として計画された。1956年、デ・ハビランドは、ブルー・ジェイ Mk.4 (開発コード)、即ちファイアストリーク Mk.4の開発を開始した[1]。しかし、実際には新規のミサイルの開発に変更された。レッドトップは、ファイアストリークよりも、構成部品の搭載位置がより合理的に変更された。例えば、ファイアストリークでは後方にあった弾頭が前方に移された。さらに、改良された「バイオレット・バナー(Violet Banner)」赤外線シーカー、「グリーン・ガーランド(Green Garland)」赤外線近接信管、より強力な「リネット(Linnet)」ロケットブースターが使用された[2]。また、弾頭もファイアストリークの22.7 kgから31 kg へと強化された。電子機器も真空管からトランジスターへと変更され、冷却の必要がなくなった。

レッドトップはファイアストリークよりも高速で[3]、運動性も優れており、赤外線シーカーの性能も向上しており、ロックオン可能な角度が広がった。シーカー性能の向上により、機体の摩擦熱を探知してホーミングすることが可能になった[4]。1957年の防衛白書の結果として有人戦闘機の開発が凍結されたため、レッドトップはブラッドハウンド Mk. II英語版 地対空ミサイルが実戦配備されるまでの「つなぎ」と位置づけられた。このため、予定されていたレッドトップの改良のいくつかは実現できず、AIM-9L/M サイドワインダーのような完全な全方位ロックオン機能は実現できなかった[5]。レッドトップは、摩擦熱の大きな超音速で飛翔する標的に対してのみ、全方位ロックオンが可能であった[3]。また、「現在(1990年代)のミサイルとは異なり、レッドトップとファイアストリークは雲の外でなければ使用できなかった。そして、イギリスでは冬に晴れている日は殆ど無かった」[6]

レッドトップは1964年に実戦配備され、イングリッシュ・エレクトリック ライトニングデ・ハビランド シービクセンに装備された。1988年にライトニングが退役するまで、一部のレッドトップは現役にあった[7]。レッドトップはファイアストリークを置き換える予定であったが、ファイアストリークも1988年まで一部実践配備されていた。

ブルー・ドルフィンまたはブルー・ジェイ Mk.V と言う名称で、AIM-7 スパローのようなセミアクティブレーダー誘導方式が提案されたが、この計画は1958年にキャンセルされている[8]

採用組織[編集]

ロンドンのイギリス空軍博物館に展示されている、イングリッシュ・エレクトリック ライトニング に搭載されてレッドトップ
クウェートの旗 クウェート
  • クウェート空軍
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
  • サウジアラビア空軍
イギリスの旗 イギリス

関連項目[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gibson 2007, p. 40
  2. ^ Gibson 2007, p. 40
  3. ^ a b Boyne, Walter J, Air Warfare: an International Encyclopedia, Volume 1, pub ABC-CLIO Inc, 2002, ISBN 1-57607-345-9 p267.
  4. ^ The English Electric (BAC) Lightning
  5. ^ Gibson 2007, p. 41
  6. ^ Black, Ian, The Last of the Lightnings, pub PSL, 1996, ISBN1-85260-541-3, p141.
  7. ^ Gibson 2007, p. 41, 42
  8. ^ Gibson 2007, p. 41

出版物[編集]

  • Gibson, Chris; Buttler, Tony (2007). British Secret Projects: Hypersonics, Ramjets and Missiles. Midland Publishing. pp. 47–53. ISBN 978-1857802580.