ジル・サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘイドメリー・ジリーン・サンダードイツ語: Heidemarie Jiline Sander, 1943年11月27日 - )、通称ジル・サンダーJil Sander)は、ドイツ出身のファッションデザイナーであり、また本人が立ち上げた世界的ファッションブランドである。企業としてはジル・サンダーを商号・ブランド名として使用している。


「ジル・サンダー」は英語発音で、ドイツ語(標準)では、「ハイデマリー・イリーネ“イル”ザンダー」と発音される。

企業としてのジル・サンダーは、ハンブルクベルリンパリミラノロンドンNY東京モスクワ上海ソウルドバイシンガポールバンコクなど、世界各国にブティックを展開している。名門ブランドとして80年代末よりミラノ・コレクションを牽引し続けている。

人物としてのジル・サンダー[編集]

ドイツ北部のシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州ヴェッセルブレン出身。ハンブルククレフェルト・スクール・オブ・テキスタイル専門学校を卒業して、テキスタイル・エンジニアとして働いた。その後、渡米してカルフォルニア大学に2年間留学した。留学後、ニューヨークの出版社に就職し、「マッコールズMcCall's)」、「コンスタンツConstance)」など女性専用の各雑誌のファッション・ジャーナリストとして活躍した。その後、1965年ドイツに帰国、1968年にハンブルクにブティックを開設して自らの会社を立ち上げたが、当初は主に「ソニアリキエル」などを取り扱う、セレクトショップの形態の店舗であった。

1999年のプラダ系列への統合後、親会社となったプラダと価値観が衝突することがたびたびあり、2000年には一度自社の経営から撤退した。2003年にクリエイティブ・ディレクターの座に復帰したが、その後もプラダとの方向性の不一致から2004年に再度辞任した。これ以降、ジル・サンダーは長らくファッションの表舞台から姿を消したが、2009年3月ユニクロを運営する日本のファーストリテイリング社がジル・サンダーが代表を務めるコンサルティング会社との間にデザインコンサルティング契約をしたと発表[1]ユニクロの高価格ラインである「+J」のデザインと、ユニクロの商品全体の監修を行った。2011年6月23日、デザインコンサルティング契約を終了すると発表され、「+J」も2011年秋冬シーズンをもって終了する予定である[2]

2012年、ジル・サンダー社はラフ・シモンズの後任として、ジル・サンダーがクリエイティブ・ディレクターに復帰すると発表。2013年S/Sシーズンより、再びデザインを手掛ける[3]

企業としてのジル・サンダー[編集]

  • 1973年 - パリプレタポルテ・コレクションに進出。しかし、評価は芳しくなく、1980年に撤退。
  • 1985年 - ミラノを拠点として再出発。1987年ミラノコレクションで脚光を浴び、トップブランドの座に登りつめた。
  • 1997年 - 1997-98A/Wシーズンより、メンズコレクションを発表。
  • 1999年 - プラダがジルサンダーの株式全体の75%を取得し、プラダ系列ブランドとなる。成長を続けるジルサンダーが、アジア金融危機などを経て継続的で強力な経営パートナーシップを求めていたというのが主な理由である。
  • 2000年1月 - 創業者ジル・サンダーが一時経営から退く。素材のコスト削減や、シルエットの再考を求めるプラダとの意見の対立が辞任の理由とされている。2001S/Sシーズンは、残ったデザインチームがデザインを手がけた。
  • 2001年 - 2001-02A/Wシーズンより、クリエイティブ・ディレクターにユーゴスラビアフランス人のミラン・ヴィクミロヴィッチが就任。パリの有名セレクトショップコレット」のクリエイティブ・ディレクター兼バイヤーを経て、グッチのデザイン・ディレクター。ミランは2003A/Wシーズンまでブランドのディレクションを手掛けた。
  • 2003年5月 - 前任のクリエイティブ・ディレクター、ミラン・ヴィクミロヴィッチの契約満了と共に、創業者が経営陣に復帰、プラダグループの経営幹部として迎えられる。2004年S/Sシーズンより再びジル・サンダーがデザインを手掛け、2004S/Sのメンズはミランの残したデザイン画を元に展示会形式で発表。また、いくつかの店舗やブランドの基本的なアイテムのデザインを一新した。
  • 2004年11月 - ミラノコレクションでの2005年S/Sシーズンの発表を最後に、創業者がクリエイティブ・ディレクターを再び辞任。主な理由は、プラダグループ総帥のパトリッツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)との経営方針に相違が生まれたこととされ、比較的利益率の高いバッグやアクセサリー類の販売強化を推し進めようとしたプラダグループに反発し辞任したものと言われている。ブランドは再びデザインチームによって手掛けられる。
  • 2005年5月 - ベルギーデザイナーラフ・シモンズを新たなクリエイティブ・ディレクターに起用。2006年A/Wシーズン以降ラフ・シモンズがデザインディレクションを手掛けている。
  • 2006年2月 - イギリスの投資会社Change Capital Partners (CCP)に1億2000万ドルで売却され、プラダ系列の手を離れる。
  • 2007年A/Wシーズンより、シューズやバッグ、アクセサリーラインを展開。
  • 2008年9月 - 日本オンワードホールディングスにより買収される。買収額は2億4400万ドルと発表されている。
  • 2009年 - 2009-10A/Wシーズンより、イタリアの高級宝飾ブランド「DAMIANI」との契約によりジュエリーと時計を展開。また「アルビゼッティ」とのライセンス契約により、アンダーウェアとビーチウェアも展開。
  • 2011年 - 2011S/Sシーズンより、セカンドライン「JIL SANDER NAVY」を展開。
  • 2012年2月 - ジルサンダー社はクリエイティブ・ディレクターのラフ・シモンズが25日の2012年A/Wミラノコレクションをもって辞任すると発表。翌日、後任のクリエイティブ・ディレクターには創業者のジル・サンダーが復帰すると発表した。
  • 2013年 - 2014S/Sシーズンのコレクションを最後に、創業者がクリエイティブ・ディレクターを退任。その後はデザインチームが手がける。

デザインの傾向[編集]

ブランドの代表的なルックは、高品質な素材とカッティング、卓越した縫製技術や厳密なディティールで作られたシンプルなシャツ、スーツ、コートなどで、贅沢さと機能性を両立したものである。「Design Without Decoration」をコンセプトに、引き算によって描かれたデザインと、素材シルエットの美しさによって、外面だけでない、本人の内面の豊かさをも引き出すことが目的とされる。1980年代末よりキャリアウーマンを始めとする顧客層を中心に受け入れられるようになった。

ミニマリズムの代表的存在であるとされる(ただし、ジル・サンダー本人はミニマリストと安易に呼ばれることを非常に嫌っている)が、同じくミニマリズムとして代表的なヘルムート・ラングと比べ、ややビジネスライクで空気を纏うようなデザインが特徴的。

服飾関連商品以外に、香水も展開している。

ジル・サンダーは、服作りに対して非常に厳しい目で見る姿勢から、「鉄の女」と呼ばれた。妥協を許さない職人的な性格が、コストや利益を重視するプラダ本社との確執を生む原因となったといわれる。

ユニクロ[編集]

ユニクロ「+J」とジルサンダー社については、しばしば混同されることがあるが、現在ジル・サンダーは自らの立ち上げた会社からすでに撤退し、ジルサンダー社の商品のデザインはラフ・シモンズとデザインチームにより行われている。

「+J」はユニクロのレーベルであるのに対し、ジルサンダー社はオンワードホールディングスの傘下であるため、両者の間に経営的な協力やコラボレーション等は一切存在しない。存命で引退していないデザイナーが自ら立ち上げた会社を辞任した後、他の企業のブランドデザインをするというケースはあまり多くない。

なお、ユニクロコンサルティング契約を結んだ理由について、ジル・サンダーは以下のように語っている。

多くの提携依頼がありましたが、私は完璧主義の慎重派なのでめったに応じなかった。 ユニクロからの話には驚きましたが、経験や技術をこれからの時代に生かせる、最も適切で革新的な企画ではないかと気づきました。 私は高品質と純粋さを追求してきました。ユニクロは高機能素材を作り、世界の適所で生産して低価格を実現している。 力を合わせれば、美しく快適で、シンプルさの中に知性やぜいたくさが感じられる服が作れるのでは。 それこそ全く新しい、近未来のファッションだと思います。 人々の関心は、食や生活品などにあり、高級服はあまり売れなくなった。プレタポルテが高くなりすぎたせいもありますが、アイポッドのように世界中の多くの人が普通に買える、洗練された規格品が服にも必要です。 ベーシックで体にフィットするTシャツやジャケット、コートを作りたい。値段は今までの服の100分の1くらいだけれど、最新の技術があればできる。この仕事は私から人々への贈り物なのです。

デザイナー[編集]

  • ジル・サンダー(~2000A/W、2004S/S~2005S/S、2013S/S〜)
  • ミラン・ヴィクミロヴィッチ(2001A/W~2003A/W)
  • ラフ・シモンズ(2006A/W~2012A/W)

※クリエイティブ・ディレクター不在時にはディレクションはデザインチームによって行われている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Portraits