ジョン・P・ハモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ポール・ハモンドJohn Paul Hammond1942年11月13日 - )は、アメリカ合衆国ブルース歌手ギタリストレコード・プロデューサージョン・ハモンドの息子であり、ジョン・ハモンド・ジュニアと表記されることもある。

生い立ち[編集]

1942年11月13日、ニューヨークでレコード・プロデューサーでタレント・スカウトのジョン・ハモンドと最初の妻で女優のジェミソン・マクブライドのもとに生まれた[1]。高名なヴァンダービルト家の祖であるコーネリアス・ヴァンダービルトの子孫[2]。実の弟ジェイソンの他、父とエスマ・オブライエン・サーノフとの再婚により義理の妹(エスマ・)ロシータ・サーノフがいる。彼のミドル・ネームであるポールは彼の父の友人で俳優のポール・ロブスンに敬意を表して名付けられた。若い頃の彼は母親により育てられ、父親とは年に数回会うのみであった。

高校生の頃にギターを演奏し始め、特にジミー・リードのアルバム『Jimmy Reed at Carnegie Hall 』に影響を受けた。Antioch College に進学したが音楽の道に進むため1年で中退。1960年代中期までに全米を公演してまわり、グリニッジ・ヴィレッジに住むようになった。ニューヨークでジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトン、ザ・ホークス(後にザ・バンドで知られる)、ドクター・ジョンデュアン・オールマンなど多くのエレクトリック・ブルース・ミュージシャンと共にレコーディングを行ない、友情を育んだ。

経歴[編集]

彼は通常アコースティック・ギター、特にナショナル・ギター社製を愛用し、バレルハウス・スタイルの歌唱法を採っている。1962年、ヴァンガード・レコードからデビューしてから現在まで34枚のアルバムを発表。1990年代ポイント・ブランク・レコードでレコーディングするようになった。グラミー賞に4度ノミネートされ、1度受賞している。1970年のダスティン・ホフマン主演の映画『小さな巨人』の音楽を担当している。

批評家からの称賛を得ながらも、商業的には大きな成功はしていない。にもかかわらず、根強いファンに支えられ、ジョン・リー・フッカールーズヴェルト・サイクス、デュアン・オールマン、ロビー・ロバートソンチャーリー・マッスルホワイトなど彼の音楽に参加したミュージシャンからの尊敬を得ている。エリック・クラプトンとジミ・ヘンドリックスの両者が同時に1つのバンドに参加した唯一のミュージシャンであり、1960年代、ニューヨークのガスライト・カフェで5日間演奏した[3]。しかし、彼らとレコーディングを行なわなかったことを彼は後悔している。少なくとも1人の起草者によりザ・バンドが広く認知されるのを助けるミュージシャンにふさわしいと提案。1965年、彼はザ・バンドの数名のメンバーとレコーディングを行ない、彼らにボブ・ディランを推薦し、ザ・バンドは有名となり世界ツアー公演を行なった[4]

1990年代初頭、伝説的ブルース歌手のロバート・ジョンソンについての1991年のイギリスのドキュメンタリー番組『The Search for Robert Johnson 』の司会をした。

シンガーソングライタートム・ウェイツと長年にわたる友人であり、時々ウェイツの曲を演奏する。2001年、伝統的なスピリチュアル曲『I know I've Been Changed 』以外全曲ウェイツの作曲によるアルバム『Wicked Grin 』を発表。ウェイツはこのアルバムにプロデュース、ギター演奏、バック・コーラスでも参加している。

2002年、ロス・ロボスのデイヴィッド・イダルゴのプロデュースによる『Ready for Love 』を発表[1]。このアルバムにはミック・ジャガーキース・リチャーズ作曲の『The Spider and the Fly 』のカバー曲も含まれている。

2009年、アルバム『Rough and Tough 』が発表された。このアルバムは2010年のグラミー賞最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞にノミネートされた[5]

2011年、ブルース・ファウンデーションによるブルースの殿堂に殿堂入りした[6]

プライベート[編集]

1967年10月21日、ジョン・バーク・マクデヴィットの娘デイナ・マクデヴィットと結婚した[7]が、後に離婚。

1981年、マリアと再婚[8]

主なアルバム[編集]

  • 1964年 - Big City Blues (ヴァンガード)
  • 1964年 - Country Blues (ヴァンガード)
  • 1964年 - John Hammond (ヴァンガード)
  • 1965年 - So Many Roads (ヴァンガード)
  • 1967年 - I Can Tell (アトランティック)
  • 1967年 - Mirrors (ヴァンガード)
  • 1968年 - Sooner Or Later (ウォーター・ミュージック)
  • 1969年 - Southern Fried (ウォーター・ミュージック)
  • 1970年 - Source Point (コロムビア)
  • 1971年 - Little Big Man (コロムビア)
  • 1971年 - When I Need (コロムビア)
  • 1972年 - I'm Satisfied (コロムビア)
  • 1975年 - Can't Beat The Kid (Acadia)
  • 1976年 - John Hammond Solo (ヴァンガード)
  • 1978年 - Footwork (ヴァンガード)
  • 1979年 - Hot Tracks (ヴァンガード)
  • 1980年 - Mileage (ラウンダー)
  • 1982年 - Frogs For Snakes (ラウンダー)
  • 1983年 - Hits For The Highway (Aim)
  • 1983年 - Live (ラウンダー)
  • 1984年 - Spoonful (Edsel)
  • 1988年 - Nobody But You (フライング・フィッシュ)
  • 1992年 - Got Love If You Want It (カリスマ)
  • 1993年 - You Can't Judge A Book By The Cover (ヴァンガード)
  • 1994年 - Trouble No More (ポイント・ブランク)
  • 1996年 - Found True Love (ヴァージン)
  • 1998年 - Long As I Have You (ポイント・ブランク/ヴァージン)
  • 2001年 - Wicked Grin (ポイント・ブランク/ヴァージン)
  • 2003年 - At The Crossroads (ヴァンガード)
  • 2003年 - Ready For Love (バック・ポーチ)
  • 2005年 - In Your Arms Again (バック・ポーチ)
  • 2006年 - Live In Greece (ダイナミック)
  • 2007年 - Push Comes To Shove (バック・ポーチ)
  • 2009年 - Rough & Tough (チェスキー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “John Hammond Jr. Artist Biography”. All Music Guide. Barnesandnoble.com. http://music.barnesandnoble.com/search/artistbio.asp?CTR=64957 
  2. ^ Prial, Dunstan (2007). The Producer: John Hammond and the Soul of American Music. Macmillan. pp. 5–10, 186. http://books.google.com/books?id=OLO0sRm_dsEC&printsec=frontcover&dq=john+hammond&hl=en&ei=hK6jTcHTGMTcgQfN5ZyaCg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CC4Q6AEwAQ#v=onepage&q=commodore%20vanderbilt&f=false 2011年11月25日閲覧。. 
  3. ^ Forman, Bill (2010年1月28日). “Tangled up in blues: John Hammond recalls his meetings with Clapton, Hendrix, Dylan and Waits”. Colorado Springs Independent. http://www.csindy.com/colorado/tangled-up-in-blues/Content?oid=1591758 
  4. ^ Heylin, Clinton (2003). Behind the Shades Revisited. New York: HarperCollins. pp. 173–174. ISBN 0-06-052569-X. 
  5. ^ Simon, Scott (2007年2月17日). “John Hammond, Writing the Blues (Flash streaming audio)”. Weekend Edition Saturday. NPR.org. 2007年2月17日閲覧。
  6. ^ Inductees. Blues Hall of Fame, 2011.
  7. ^ "Dana McDevitt Is Bride", The New York Times. October 22, 1967. (要購読契約)
  8. ^ "John Hammond Jr., Artist Interview”. BarnesAndNoble.com (2003年2月10日). 2003年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]