ヴァンダービルト家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァンダービルト家 (Vanderbilt family ) はアメリカ合衆国で19世紀前半に社会的に有名となった鉄道王の一族である。

一家の財産は海運業と鉄道事業の有力者コーネリアス・ヴァンダービルトによって築かれ、最終的に様々な産業に手を広げ、20世紀には慈善事業も行なうようになった。コーネリアスの息子で後継者のウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルトは財産を増やし、1877年に亡くなるまで世界一裕福であった。彼の子孫はニューヨークロードアイランド州ニューポートノースカロライナ州アシュビルバーモント州マサチューセッツ州レノックスなど様々な場所に邸宅を建てた。しかし彼らの栄光は20世紀終盤になると終息していった。

5番街にあった彼らの邸宅のほとんどは取り壊され、その他の邸宅は売却されたり博物館となったりした。しかし結果的に歴史上7番目に裕福な一族となった。この姓は元々オランダからきている。

現在子孫はアメリカ合衆国東海岸イギリスに住んでいる。

歴史[編集]

一族の栄光はニューヨーク州スタテンアイランドの下流家庭の9人兄弟の4番目のコーネリアス・ヴァンダービルト(1794年~1877年)から始まった。彼の曽曽曽祖父ジャン・アートソン(1620年~1705年)は1650年、年季奉公としてニューネーデルラントのオランダ植民地に来た、オランダユトレヒト州デ・ビルトの村出身の農民であった。村の名前は『ヴァンダー』(オランダ語で「から来た」)が加えられて『ヴァンダービルト』(ビルトから来た)となり、ニューアムステルダム(現在のニューヨーク)がイギリスに引き渡された時、ヴァンダービルトの姓を名乗るようになった。一家はオランダ貴族ヴァン・ダー・ビルトと関連がある[1]

コーネリアスは11歳で学業から離れ、19世紀、海運業を起こし、鉄道王となり、世界で最も裕福な人物の一人となった。

一家は1875年頃植民されたミシガン州コーウィズ・タウンシップを所有。1880年、ミシガン・セントラル鉄道を所有していた時、ミシガン州ヴァンダービルトという村ができた。コーネリアスは常に質素な家に住んでいたのだが、家族たちはその富を利用して豪華な大邸宅を建てようとした。1877年の彼の死の直前、テネシー州ナッシュビルヴァンダービルト大学を建てるために100万ドルを寄付。2011年のレートで換算すると1億4,900万ドル相当である[2]

家族たちはアメリカのビジネス界で豪商として名を馳せ、世界中の芸術家のパトロンとなり、まさに『金ぴか時代』を生きていた。

ルシタニアの沈没で亡くなったアルフレッド・グウィン・ヴァンダービルト(1877年~1915年)など、コーネリアスの孫やひ孫の何人かは起業家として多方面で成功した。アルフレッドの次男のアルフレッド・グウィン・ヴァンダービルト2世(1912年~1999年)は馬のブリーダーとなり競馬界の重鎮となった。ハロルド・スターリング・ヴァンダービルト(1884年~1970年)はヨット・レースのアメリカスカップで3度優勝するなどスポーツ界で有名となる。ハロルドの兄のウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト2世(1878年~1944年)は自動車競技ヴァンダービルト杯を創設。コーネリアス・ヴァンダービルト4世(1898年~1974年)は熟練した作家、新聞社創設者、映画プロデューサーであった。

コーネリアスは南北戦争で北軍に蒸気機関車SSヴァンダービルトを寄付したことで政府から金メダルを受賞したことがある。このメダルはヴァンダービルト家のシンボルとして受け継がれている。

1855年、准将コーネリアス・ヴァンダービルトはスタテンアイランドのニュー・ドロップの墓地とモラヴィア教会に8.5エーカー(34,000 m²)の土地を寄付。後に息子のウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルトはさらに4エーカー(16,000 m²)の土地を寄付した。モラヴィア墓地のこの区画の一部はヴァンダービルト家のために保持され、ヴァンダービルト家の幾人かはこの霊廟に埋葬されている。この霊廟は1885年、建築家リチャード・モリス・ハントにより再設計された。

著名な経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイスはヴァンダービルト家のうちの何人かは富を得る才能があり、巨額の寄付をしたりしていたが、それは自己満足の一環であっただろうと語った。

ガルブレイスの見解を裏付けるようにコーネリアス没後たった48年間で直系の子孫の1人は貧困のために亡くなった。コーネリアス没後から70年で、ニューヨーク5番街にあった最後の10軒の大邸宅は取り壊された。1973年、ヴァンダービルト大学にて第一回親族会が行なわれた。

マールバラ公セーチェーニ・イシュトヴァーン伯爵のようなヨーロッパの貴族と婚姻関係を結ぶことがあった。

ヴァンダービルト家の現在の名残はヴァンダービルト大学、マンハッタンミッドタウンのヴァンダービルト家によって建てられたグランド・セントラル駅そばのヴァンダービルト通りなど。現在のヴァンダービルト家の子孫はルーマニア人、オランダ人とルーマニア人の混血である。今でも世界で7番目に裕福な家系のままである。

家族関係[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [http://194.171.109.12/download/cbg_patriciaat_lijst.pdf List of Dutch patrician families in the Nederland's Patriciaat 1910-2007/2008]
  2. ^ Williamson, Samuel H. (2012年4月). “Seven Ways to Compute the Relative Value of a U.S. Dollar Amount, 1774 to present”. MeasuringWorth. 2012年8月13日閲覧。
  3. ^ From Gloria Vanderbilt article.
  4. ^ "Leaders of Society Expected at Lenox; Great Preparations Made for Field-Sloane Wedding — Social Functions of the Week," Special to The New York Times, July 6, 1902, Magazine Section, p. 28
  5. ^ a b c d "At Home With Wendy Burden: A Vanderbilt Descendant Laughs Off Dysfunction" by Joyce Wadler, The New York Times, March 24, 2010 (March 25, 2010 p. D1, NY ed.). Retrieved 2010-03-27.
  6. ^ "‘The spirit of what my sons loved’" by Jill Spitznass, The Portland Tribune, Nov 12, 2002, updated Oct 30, 2009. Retrieved 2010-03-28.
  7. ^ "Vanderbilt’s In My Life" Blog entry at Vanderbilt Family Genealogy; [1], blogger; August 30, 2008. Retrieved 2010-03-27.
  8. ^ "Miss Havemeyer Bride of J.W. Webb" The New York Times, February 9, 1910. Retrieved 2010-03-28.
  9. ^ Karp, Walter, "Electra Webb and Her American Past", American Heritage, April/May 1982 (33:3) Retrieved 2011-07-21.
  10. ^ a b Wilmerding, John (Currie) Entry, Dictionary of Art Historians. Retrieved 2010-03-27.