ジャン=クリストフ・スピノジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=クリストフ・スピノジ(Jean-Christophe Spinosi 1964年9月2日- )はフランス人の指揮者でヴァイオリニストでもある。 息子のマチューは俳優兼ヴァイオリニスト。ジャン=クリストフの妹のナタリーはヴィオラ奏者。カルテット・マテウス(1991年)の創立者で、後にアンサンブル・マテウス(息子のマチューもメンバー)となる。 彼は特に、バロック音楽の解釈と演奏で知られ、ヴィヴァルディのオペラは最も周知なものである。 最近、彼はモーツァルトロッシーニの指揮にも成功を収めている。

Jean-Christophe Spinosi

スピノジは多くの歌手:ベロニカ・カンジェミ(Verónica Cangemi), サラ・ミンガルド(Sara Mingardo), ジェニファー・ラーモア(Jennifer Larmore), サンドリーヌ・ピオー(Sandrine Piau), ジモーネ・ケルメス(Simone Kermes), マリ=ニコル・ルミュー(Marie-Nicole Lemieux), ナタリー・ストゥッツマン(Nathalie Stutzmann), マリヤナ・ミヤノヴィッチ(Marjana Mijanovic), ロレンゾ・レガッゾ(Lorenzo Regazzo), フィリップ・ジャルスキー(Philippe Jaroussky), およびマティアス・グルネ (Matthias Goerne)の 声楽曲を指揮した。

彼はソリスト及びアンサンブル・マテウスの指揮者としてフランスの主要フェスティバル(シャンゼリゼ劇場シャトレ座パリ国立オペラ、、トゥールーズのグランデ・ インタープリテー、リヨンのデュ・ヴュー)、外国では:アムステルダム(コンセルトヘボウ)、ウィーン(コンツェルトハウス、アン・デア・ウィーン劇場)、ブリュッセル(パレ・デ・ボザール)、ニューヨーク(カーネギーホール)、エジンバラ(アッシャー・ホール)、プラハ(スメタナホール)、マドリッド、トリノ、パルマ、ナポリで演奏を行っている。

ジャン=クリストフ・スピノジは2006年にフランスの文化大臣によりシュヴァリエ芸術文化勲章を授与。 彼はまたアカデミー・ディスク・リリックにより "2007年ベストオペラ指揮者" も受賞した。

アンサンブル・マテウスとの活動と平行し、ジャン=クリストフ・スピノジはトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、パリ アンサンブル オーケストラ、パルマ レッジョ劇場オーケストラ、オスロ オペラ オーケストラ、ウィーン交響楽団やフィルハーモニア管弦楽団の客演指揮者としてのキャリアも踏んでいる。 2010年6月、東京のサントリ-ホールにて新日本フィルハーモニー交響楽団、2012年3月9日、東京のすみだ平和祈念コンサート2012にて(1945年、そして2011年—3月、あの日を忘れないで、)新日本フィル《フォーレ/レクイエム》の客演指揮者を務める。


Discography[編集]

  • La fida ninfa, Vivaldi, 2008
    with Veronica Cangemi, Sandrine Piau, Marie Nicole Lemieux, Lorenzo Regazzo, Philippe Jaroussky, Topi Lehtipuu, Sara Mingardo, Christian Senn; Ensemble Matheus. Opus111/Naïve
  • Nisi Dominus, Stabat Mater, Vivaldi, 2008
    with Marie Nicole Lemieux, Philippe Jaroussky; Ensemble Matheus. Opus111/Naïve
  • La pietra del paragone, Rossini, DVD, 2007
    with François Lis, Christian Senn, José Manuel Zapata, Sonia Prina, Jennifer Holloway, Laura Giordano, Joan Martín-Royo, Filippo Polinelli; Chorus of Teatro Regio di Parma; Ensemble Matheus. Recorded live at Théâtre du Châtelet, Paris, Opus111/Naïve
  • Vivaldi, Heroes, 2007
    with Philippe Jaroussky, Ensemble Matheus. Opus111/Naïve(nr.7 Sovante il sole スピノジのバインオリン演奏)
  • Griselda, Vivaldi, 2006
    with Simone Kermes, Marie-Nicole Lemieux, Veronica Cangemi, Philippe Jaroussky, Stefano Ferrari, Iestyn Davies; Ensemble Matheus. Opus111/Naïve
  • Orlando furioso, Vivaldi, 2004
    with Marie-Nicole Lemieux, Jennifer Larmore, Veronica Cangemi, Ann Hallenberg, Philippe Jaroussky, Lorenzo Regazzo; Ensemble Matheus. Opus111/Naïve
  • De Lhoyer: Duos et Concerto Pour Guitare, 2004
    with Philippe Spinosi (guitar), Duo Spinosi, Ensemble Matheus. Opus111/Naïve
  • La verità in cimento, Vivaldi, 2003
    with Gemma Bertagnolli, Philippe Jaroussky, Sara Mingardo, Guillemette Laurens, Nathalie Stutzmann; Ensemble Matheus. Opus111/Naïve
  • La notte, La tempesta di mare, Il gardellino, Vivaldi, 2003
    with Ensemble Matheus. Opus111/Naive
  • Vivaldi: Concerti Con Molti Strumenti, Vol. II, 1997
    with Ensemble Matheus. Pierre Verany
  • Vivaldi: Concerti Con Molti Strumenti, 1996
    with Ensemble Matheus. Pierre Verany

References[編集]