ジェームズ・ピュアフォイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ピュアフォイ
James Purefoy
James Purefoy
2012年撮影(コミコン・インターナショナル
本名 James Brian Mark Purefoy
生年月日 1964年6月3日(50歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドサマセット州トーントン
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 188 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビ・舞台・映画
活動期間 1990年 -
配偶者 ホリー・エアード(1996年 - 2002年)
家族 ジョセフ・ピュアフォイ(長男)
主な作品
バイオハザード
ROME[ローマ]

ジェームズ・ブリアン・マーク・ピュアフォイJames Brian Mark Purefoy[2] 1964年6月3日 - )は、イギリス出身のイングランド人俳優

経歴[編集]

イングランドサマセット州トーントン出身[1]。アンソニー・チェトウィンド・ピュアフォイとシャーリー・テイラー夫妻の長男として生まれ、同地で幼少期を過ごした。ドーセット州シェルボーン市の寄宿学校シェルボーン校)に進むが、高校入学資格(en:O-level)を取得すると途中退校した。寄宿学校を離れてからは養豚場や病院で働きながらヨーロッパ中を旅してまわり、やがて青年期にイングランドに戻って夜間学校で大学入学資格(A-levels)を取得した[3]。この際、演劇を学ぶ機会があった事で役者業に興味を抱き、ロンドンセントラル演劇学校に入学した[4]

演劇学校時代は学費を工面する為、授業が終わるとヨーヴィル病院の清掃夫として働く日々を送った。仕事仲間と清掃労働者の労働組合に加わり、休日はイギリス社会労働党機関誌ソーシャリスト・ワーカー」を配布するボランティアとして行動した[5]。演劇学校では最終学年で主役を演じた『ヘンリー五世』での演技がロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのキャスティング・ディレクターの目に留まり、卒業後は同劇団の舞台『エクウス』『ロミオとジュリエット』『マクベス』『テンペスト』『リア王』の上演に参加した。

1991年、ITVの地方局ITVグラナダが制作したドラマ版シャーロック・ホームズの冒険の第29話『ボスコム渓谷の惨劇』でテレビドラマに初出演した。以降、ドラマ出演もこなす様になり、アンソニー・パウエル原作の『A Dance to the Music of Time』(人生の踊り)などに出演している。映画にも出演しており、『ROCK YOU!』のエドワード黒太子役、『バイオハザード』のスペンサー・パークス役などを演じた。他にピアース・ブロスナンが初めてジェームズ・ボンドを演じた1995年の映画007 ゴールデンアイ』のボンド役でスクリーン・テストを受けたことがある[1]

確実に経歴を重ねつつも、基本的には舞台を中心に活動していた事から一般的な知名度は高くなかった。しかし2005年から2007年に亘って放映された歴史ドラマ『ROME』でのマルクス・アントニウス役で大きく名を上げる。女好きで傲慢不遜だが、同時に繊細な部分を持つ同作のアントニウス役を演じ切り、高い評価を獲得した。2009年、慈善事業に後半生を費やす富豪を描いたNBC制作のテレビドラマ『フィランソロピスト』で主演を務める。

舞台活動ではテレンス・ラティガン生誕100周年を記念して2011年にヘイマーケット王立劇場で行われた舞台『夜の滑走路』に出演している[6]

エピソード[編集]

  • 若手俳優時代の1997年にはイギリスのテレビ雑誌による「セクシーな男(hunk of the year)」に選出された経験がある[1]
  • 2005年の映画Vフォー・ヴェンデッタ』の主演に起用されたものの撮影の途中で降板し、以前に同役を断っていたヒューゴ・ウィーヴィングが代役を務めた[1]
    • 仮面で素顔を隠した役だったことからピュアフォイの演じたシーンはそのまま使われ、ウィーヴィングが声を吹き替えている[7]
  • 私生活では女優フェイ・リプリー英語版と10年以上に渡って同棲していた[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 七月の宴
Feast of July
ジェブ・ウェンライト                          
1997 Jilting Joe ジョー
1998 寝室と廊下
Bedrooms and Hallways
ブレンダン
1999 マンスフィールド・パーク
Mansfield Park
トム・ベルトラム
Women Talking Dirty
Women Talking Dirty
ダニエル
2000 沈黙の殺意
Lighthouse
リチャード・スペンサー
メイビー・ベイビー
Maybe Baby
カール・フィップス
The Wedding Tackle ハル
2001 トゥモロー
Tomorrow
アンドレ
ROCK YOU!
A Knight's Tale
エドワード黒太子
2002 バイオハザード
Resident Evil
スペンサー・パークス
2003 Photo Finish ジェームズ
Lena: The Bride of Ice ハーパー
2004 ドラゴン〜竜と騎士の伝説〜
George and the Dragon
ジョージ
エヴァンジェリスタ
Blessed
クレイグ・ハワード
悪女
Vanity Fair
ロードン・クローリー大佐
2006 Goose on the Loose ケネス・ドネリー
2009 ソロモン・ケーン
Solomon Kane
ソロモン・ケーン
2011 アイアンクラッド
Ironclad
元帥[8]
2012 ジョン・カーター
John Carter
カントス・カン[9]
2013 Wicked Blood ワイルド・ビル

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
2005 - 2007 ROME[ローマ]
Rome
マルクス・アントニウス
2013 - ザ・フォロイング
The Following
ジョー・キャロル

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g James Purefoy - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ http://www.filmreference.com/film/31/James-Purefoy.html Film Reference.com.
  3. ^ "When in Rome..." interview with Hannah Pool. The Guardian. 6 January 2007.
  4. ^ The Guardian. 6 January 2007.
  5. ^ The Guardian. 6 January 2007.
  6. ^ "Official Press Release: James Purefoy And Sheridan Smith Join Sienna Miller In Terence Rattigan’s Flare Path Directed By Trevor Nunn", 27 January 2011. Retrieved 27 January 2011.
  7. ^ V for Vendetta (2005) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年5月5日閲覧。
  8. ^ "Film recreates Rochester castle siege – in Wales". Kent News. 14 November 2009. Retrieved 14 November 2009.
  9. ^ Purefoy, Haden Church, and Strong for Mars

外部リンク[編集]