ソロモン・ケーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソロモン・ケーンSolomon Kane)は、ロバート・E・ハワードによって創られた架空のキャラクターである。彼の冒険のほとんどはパルプ誌ウィアード・テールズ」に発表された。

16世紀清教徒。世界中を放浪する冒険家で、彼の旅はヨーロッパからアフリカの暗黒大陸とそのジャングルにまで至る。

青白い顔と凍るような眼をスラウチハット(つばの広いソフト帽)に隠し、常に黒尽くめの服装で、レイピアダガー、二丁のフリントロック式短銃で武装している。またマスケット銃を用いることもある。

またの後の冒険の中で、友人であるアフリカ系黒人のシャーマン、ン・ロンガ (N'Longa) から、邪悪からの守護力を持ち、効果的な武器でもあるブードゥー教の杖を与えられた。別の物語(「The Footfalls Within」)の中でこの杖は、想像すら及ばぬほど古ぶるしい力を持つ護符「ソロモンの神秘の杖(the mythical Staff of Solomon)」であることが明らかになった。

日本語訳作品[編集]

  • 血まみれの影(Red Shadows):「ウィアード・テールズ」1928年8月
    ミステリマガジン(2006年8月号)、訳:尾之上浩司
  • 死霊の丘(The Hills of the Dead):「ウィアード・テールズ」1930年8月
    月刊バルーン(1979年10月号)、訳:大瀧啓裕
    ホラー&ファンタシイ傑作選 (2)(青心社
    ウィアード (2)(青心社、青心社文庫)
  • はばたく悪鬼(Wings in the Night):「ウィアード・テールズ」1932年7月
    ウィアード・テールズ (3)(国書刊行会、訳:今村哲也)