ポール・アンダースン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・アンダーソン
Poul Anderson
Poul anderson.jpg
1985年のポール・アンダースン
ペンネーム A. A. Craig, Michael Karageorge, Winston P. Sanders, P. A. Kingsley[1]
誕生 1926年11月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ブリストル
死没 2001年7月31日(74歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オリンダ
職業 小説家
ジャンル SFファンタジー歴史小説
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ポール・ウイリアム・アンダースンPoul William Anderson1926年11月25日 - 2001年7月31日)は、アメリカ合衆国小説家SF作家。北欧系で、名のPoulは英語名のPaulとは異なる。姓はアンダーソンと表記することもある。ファンタジー歴史小説もいくつか書いている。ヒューゴー賞を7度、ネビュラ賞を3度など、様々な賞を受賞している。

多作かつ「はずれのない作家」と言われる。ハードSFの書き手として知られ、相対論的効果を正面から扱った『タウ・ゼロ』は評判となった。他にはタイム・パトロールものの古典『タイム・パトロール』なども有名。作品の一部は「惑星間協調機関」(The Psychotechnic League)シリーズという独自の未来史を形成していた(日本語にはあまり訳されていない)。「リアリティーを高めるため、常に五感のうちの三つ以上に言及する」という独自の手法を持っていた。

生涯[編集]

1926年11月25日、ペンシルベニア州ブリストルで生まれる。誕生後まもなく一家はテキサス州に引越し、10年以上を過ごした。父が亡くなると、未亡人となった母は子供たちをつれてデンマークに帰国した。アメリカに戻ったのは第二次世界大戦勃発後で、ミネソタ州の農場に落ち着いた。

ミネソタ大学で物理学を専攻し、1948年に卒業。しかし、物理学者になろうとはしなかった。というのも大学在学中の1947年、『アスタウンディング』誌に発表した「明日の子供たち」(F・ウォルドロップと共作)で作家デビューしていたためである。大学卒業後はフリーランスのライターとして働き始めた。長編第一作『脳波』は1951年に出版された。

1953年、カレン・クルーゼと結婚し、サンフランシスコのベイエリアに引っ越した。1954年に生まれた1人娘は、後にSF作家グレッグ・ベアと結婚した。後にバークレーにほど近いカリフォルニア州オリンダに家を建て、亡くなるまでそこで過ごすことになった。

1960年代にはヒロイック・ファンタジー作家のグループ Swordsmen and Sorcerers' Guild of America の一員としてファンタジー小説も書き、リン・カーターのアンソロジー Flashing Swords! に掲載されている。1966年、中世ヨーロッパの文化を研究・再現する団体 Society for Creative Anachronism の創設に関わった。

1972年、アメリカSFファンタジー作家協会の第6代会長を務めた。

ロバート・A・ハインラインの1985年の小説『ウロボロス・サークル』の献辞にある「ポウル」はポール・アンダースンのことである[2][3]

癌のため一カ月間入院したのち、2001年7月31日に死去。

受賞歴[編集]

  • ガンダルフ賞グランドマスター賞(en) (1978)
  • ヒューゴー賞
    • 短編 「長い旅路」(1961)
    • 短編 「王に対して休戦なし」(1964)
    • 中編 『肉の分かち合い』(1969)
    • 中長編 『空気と闇の女王』(1972)
    • 中編 『トラジェディ』(1973)
    • 中編 Hunter's Moon (1979)
    • 中長編 The Saturn Game (1982)
  • ジョン・W・キャンベル記念賞 (2001) [4] - GENESIS
  • ローカス賞 (1972) [5] - 『空気と闇の女王』
  • ネビュラ賞
    • 中編 『空気と闇の女王』(1971)
    • 中編 『トラジェディ』(1972)
    • 中長編 The Saturn Game (1981)
  • プロメテウス賞
    • 殿堂賞 Trader to the Stars (1985)
    • The Stars are also Fire (1995)
    • 殿堂賞 The Star Fox (1995)
    • 特別賞 (2001)
  • SFWA グランド・マスター賞 (1997)

作品リスト[編集]

単発長編[編集]

  • Brain Wave(1954)『脳波』
  • The Broken Sword(1954)『折れた魔剣』
  • War of the Wing-Men(1958)『鳥人大戦争』
  • The Enemy Stars(1959)『敵の星』
  • The High Crusade(1960)『天翔ける十字軍』
  • Orbit Unlimited(1961)『無限軌道』
  • Three Heats and Three Lions(1961)『魔界の紋章』
  • Twilight World(1961)『たそがれの地球』
  • After Doomsday(1963)『審判の日』
  • Shield(1963)『最後の障壁』
  • The Corridor of Time(1965)『時の歩廊』
  • Tau Zero(1970)『タウ・ゼロ』
  • Fire Time(1974)『焦熱期』
  • The Avatar(1978)『アーヴァタール(上・下)』
  • The Boat of a Million Years(1989)『百万年の船 1-3』
  • Operation Chaos(1971)『大魔王作戦』

「惑星間協調機関」シリーズ[編集]

  • The Star Ways(1956)『銀河よ永遠なれ』
  • Virgin Planet(1959)『処女惑星』

「タイム・パトロール」シリーズ[編集]

  • Guardians of Time(1960)『タイム・パトロール』
  • The Shield of Time(1990)『タイム・パトロール/時間線の迷路(上・下)』

「ドミニク・フランドリイ」シリーズ[編集]

  • Agent of the Terran Empire (1965)『地球帝国秘密諜報員』

「ホーカ」シリーズ[編集]

ゴードン・R・ディクスンとの共著)

  • Earthman's Burden(1957)『地球人のお荷物』(短編集)
  • Star Prince Charlie(1975)『がんばれチャーリー』(長編)
  • Hoka!(1983?)『くたばれスネイクス!』(短編集)

短編集[編集]

  • Strangers from Earth(1961)『地球人よ、警戒せよ!』

ジュブナイル[編集]

  • Vault of the Ages(1952)『五百年後の世界』(改題新訳版『タイム・カプセルの秘密』)

※以上の他に、日本語訳が未刊の作品が多少ある。

小説への登場[編集]

フィリップ・K・ディックの「水蜘蛛計画」にはポール・アンダースンが主要キャラクターとして登場している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Lee Gold. “Tracking Down The First Deliberate Use Of "Filk Song"”. 2010年8月7日閲覧。
  2. ^ Heinlein, Robert A (1986). The Cat Who Walks Through Walls. New England Library. ISBN 0-450-39315-1. 
  3. ^ Heinlein's Dedications Page Jane Davitt & Tim Morgan Accessed August 20, 2008
  4. ^ Science Fiction & Fantasy Books by Award: 2001 Award Winners & Nominees”. Worlds Without End. 2009年3月28日閲覧。
  5. ^ Poul Anderson on Locus Award Nominees List”. Locus magazine. 2009年8月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • Miesel, Sandra (1978). Against Time's Arrow: The High Crusade of Poul Anderson. Borgo Press. ISBN 0-89370-124-6. 
  • Tuck, Donald H. (1974). The Encyclopedia of Science Fiction and Fantasy. Chicago: Advent. pp. 8–10. ISBN 0-911682-20-1. 

外部リンク[編集]