ザ・フォロイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・フォロイング
The Following intertitle.png
ジャンル ドラマ
スリラー
サスペンス
製作者 ケヴィン・ウィリアムソン
出演者
音楽 ジョン・フリッツェル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 30
製作
製作総指揮 ケヴィン・ウィリアムソン
マルコス・シーガ
プロデューサー レベッカ・ダメロン
マイケル・ストリックス
編集 ロブ・セイデングランス
製作場所 ニューヨーク州ニューヨーク市
撮影監督 デイビッド・タットマン
撮影体制 シングルカメラ
放送時間 42-45分
製作会社
放送
放送局 フォックス放送
放送期間 2013年1月21日 (2013-1-21) – 現在
日本での放送
放送局 WOWOW
放送期間 2013年7月9日 (2013-7-9) – 現在
外部リンク
ウェブサイト

ザ・フォロイング』(The Following)は、2013年からフォックス放送で放送されているサスペンスドラマシリーズ。 本国米国ではシーズン1が2013年1月から4月まで、シーズン2が2014年1月から4月まで放送された。日本ではWOWOWでシーズン1が2013年7月9日から毎週火曜深夜に日本語吹替版で放送された(日本語字幕版は吹替版が放送された翌日の毎週水曜深夜に放送された)。シーズン2は同じくWOWOWで2014年7月8日から放送されている。

ケヴィン・ベーコンのテレビドラマシリーズ初主演作である[1]

内容[編集]

シーズン1[編集]

『ザ・フォロイング』は元FBI捜査官ライアン・ハーディ(ケヴィン・ベーコン)と彼が再び刑務所から脱走したシリアルキラー ジョー・キャロル(ジェームズ・ピュアフォイ)を再逮捕しようと試みる内容で展開する。ハーディは間もなく、カリスマ性を持つキャロルには彼が教授時代に会ったり、刑務所で会ったりしたことで彼に好意を持つ人々がおり、キャロルによって狂信的な殺人カルト教団員に洗脳されていたことを知る。キャロルの息子ジョーイ(カイル・キャットレット)が父親のフォロワー(信奉者)によって誘拐された時、FBIはこれはキャロルが留置場を脱走し、ハーディを侮辱し、キャロルの元妻のクレア(ナタリー・ジー)を殺すための壮大な計画の第一歩であったと知る。その後、多くの犠牲を生みながらも、ジョーイとクレアは救出され、ハーディと一騎打ちとなったキャロルは火に巻かれて死亡、教団も崩壊する。すべてが解決したと思われた矢先、ハーディと暮らしていたクレアは、ハーディの目の前で、ハーディの隣人で実はフォロワーであるモリーに惨殺されてしまう。

シーズン2[編集]

キャロルの死と教団の崩壊から1年後、ニューヨークの地下鉄車内でキャロルのマスクを被った3人組による無差別殺人事件が起きる。キャロルの教団による犯行と判断したFBIは、ハーディに事件の捜査に加わるように依頼するが、ハーディは非協力的な態度を示す。実はハーディはかねてよりキャロルが実は生きているのではないかと睨み、姪でニューヨーク市警の刑事であるマックスとともに教団の残党を密かに追っていたのだが、クレアの復讐を果たすために敢えて単独で捜査を続けていたのである。

キャスト[編集]

ライアン・ハーディ
演 - ケヴィン・ベーコン、吹替 - 山路和弘
元FBI捜査官。連続殺人鬼キャロルを逮捕する際に刺され、心臓に深刻な傷を負ったことでFBIを退職していたが、キャロルの脱獄に伴い、FBI長官から直接復帰を依頼される。心臓ペースメーカーを装着しているだけでなく、アルコール使用障害でもある。クレアの死後、周りにはキャロルの事件から距離を置いているように見せていたが、実はクレアの復讐を果たすために、密かに教団の残党を追い続けている。
ジョー・キャロル
演 - ジェームズ・ピュアフォイ、吹替 - 東地宏樹
死刑執行を目前にした死刑囚。大学教授時代に14人の女子大生を残忍な手口で殺害した連続殺人犯。エドガー・アラン・ポーに心酔している。ライアンに逮捕される際に殺し損ねた女性サラを脱獄して殺害するものの、すぐに逮捕される。しかし、その後は強烈なカリスマ性で自らの信奉者「フォロワー」に仕立て上げた者たちによる殺人を獄中で楽しみながらライアンらを翻弄する。その後、再度脱獄に成功すると隠れ家でフォロワーたちと共同生活を送る中で、元妻クレアと息子ジョーイを軟禁する。シーズン1の最後で、ハーディとの一騎打ちによって火に巻かれて死んだと見られていたが、シーズン2の第1話で実は生きていたことが明かされる。
クレア・マシューズ
演 - ナタリー・ジー英語版、吹替 - 岡寛恵
キャロルの元妻で大学教授。キャロルによる連続殺人事件を捜査中だったライアンと知り合い、その後、愛し合ったが別れる。しかし今も互いに想いを残している。キャロルとその教団による事件をきっかけにライアンと再会し、再び愛し合うようになる。キャロルがライアンとの一騎打ちの末に死ぬと、ライアンと暮らしていたが、ライアンの目の前でフォロワーに殺される。
ジョーイ・マシューズ
演 - カイル・キャトレット英語版、吹替 - 伊藤実華
キャロルとクレアの息子。キャロルのフォロワーらに誘拐される。救出された後は証人保護プログラムによって密かに暮らしている。
マックス・ハーディ(シーズン2から登場)
演 - ジェシカ・ストループ、吹替 - 東條加那子
ライアンの姪。ニューヨーク市警情報分析課の刑事。ライアンに協力。
リリー・グレイ(シーズン2から登場)
演 - コニー・ニールセン、吹替 - 萩尾みどり
地下鉄で起きた多重殺人事件の唯一の生存者。画商。ライアンに興味を持って近付くが、実はキャロルの信奉者で、キャロルとは別に自らカルト教団を率いている。

FBI[編集]

デブラ・パーカー
演 - アニー・パリッセ、吹替 - 藤本喜久子
FBI捜査官。捜査の指揮を執る。カルト教団に関わる犯罪捜査を専門とする。ライアンに懐疑的。事件捜査の過程で教団員に拉致され、地中に埋められて死ぬ。
マイク・ウェストン
演 - ショーン・アシュモア、吹替 - 下崎紘史
FBI若手捜査官。FBIアカデミー時代にキャロルの事件を研究。ライアンを尊敬している。デブラを死なせてしまったことに強い罪の意識を感じ、教団が再び活動を始めると、事件捜査に積極的に加わるが、捜査に非協力的なライアンに不信感を抱くようになる。
トロイ・ライリー
演 - ビリー・ブラウン英語版
FBI捜査官。容疑者の妻を保護中に殺害される。
ジーナ・メンデス(シーズン2から登場)
演 - ヴァレリー・クルス英語版
FBI捜査官。捜査の指揮を執る。

信奉者(フォロワー)[編集]

エマ・ヒル(偽名:デニース・ハリス)
演 - ヴァロリー・カリー英語版、吹替 - 佐古真弓
フォロワーたちのリーダー格の女。キャロルのフォロワーになった後、自分を蔑んでいた実母を殺害した。ベビーシッターとしてクレアの家に潜り込み、クレアを完全に信用させた後にジョーイを誘拐する。教団崩壊後は教団の残党とともに隠れて暮らしている。
ジェイコブ・ウェルズ(偽名:ウィル・ウィルソン)
演 - ニコ・トルトレッラ英語版、吹替 - 早志勇紀
学校教師としてサラの隣家に潜伏していた男。エマと愛し合っている。他のフォロワーたちとは異なり、本当は殺人の経験がないことを隠している。重傷を追ったポールに頼まれて彼を殺すが、その後はポールの幻を見るようになり、精神的に追いつめられた末に殺される。
ポール・トーレス(偽名:ビリー・トーマス)
演 - エイダン・カント、吹替 - 松本忍
IT技術者としてサラの隣家に潜伏していた男。3年間、サラを信用させるためにジェイコブとゲイカップルのふりをしていたが、実はジェイコブを本気で愛しており、2人の間には肉体関係がある。逃亡中に撃たれて重傷を追うと、足手まといになることを拒み、自らの希望で愛するジェイコブに殺される。

その他[編集]

マーク/ルーク兄弟(シーズン2から登場)
演 - サム・アンダーウッド英語版、吹替 - 入野自由
双子の殺人鬼。地下鉄無差別殺人事件の犯人。リリーの息子。
ジゼル(シーズン2から登場)
演 - カミーユ・ド・パズイ英語版
マークとルーク兄弟の仲間。リリーのフォロワー。
ジュディ(シーズン2から登場)
演 - キャリー・プレストン英語版
キャロルを1年間匿っていた女性。キャロルの信奉者だが教団とは無関係。キャロルを更正させようとしていたものの、結局、キャロルに感化された娘マンディに刺し殺される。
マンディ・ラング(シーズン2から登場)
演 - ティファニー・ブーン英語版、吹替 - 大室佳奈
ジュディの娘。アフリカ系。キャロルを父のように慕い、ジュディを殺してキャロルと行動を共にする。

エピソード[編集]

シーズン1[編集]

# 邦題 日本での放送日 原題 米国での放送日
1 洗脳殺人鬼の計画 2013年07月09日 Pilot 2013年1月21日
2 血の第2章 2013年07月16日 Chapter Two 2013年1月28日
3 ポーの仮面 2013年07月23日 The Poet's Fire 2013年2月04日
4 狂える愛 2013年07月30日 Mad Love 2013年2月11日
5 包囲網 2013年08月06日 The Siege 2013年2月18日
6 招かれた訪問者 2013年08月13日 The Fall 2013年2月25日
7 檻を開ける鍵 2013年08月20日 Let Me Go 2013年3月04日
8 漆黒なる快感 2013年08月27日 Welcome Home 2013年3月11日
9 愛の鋭利 2013年09月03日 Love Hurts 2013年3月18日
10 死の大渦 2013年09月10日 Guilt 2013年3月25日
11 鞭と悔恨 2013年09月17日 Whips and Regret 2013年4月01日
12 忌まわしい落下 2013年09月24日 The Curse 2013年4月08日
13 崩壊の影 2013年10月01日 Havenport 2013年4月15日
14 早すぎた埋葬 2013年10月08日 The End is Near 2013年4月22日
15 灯台 2013年10月15日 The Final Chapter 2013年4月29日

シーズン2[編集]

# 邦題 日本での放送日 原題 米国での放送日
1 復活の時 2014年07月08日 Resurrection 2014年1月19日
2 祝福 2014年07月15日 For Joe 2014年1月27日
3 スタンド・バイ・ミー 2014年07月22日 Trust Me 2014年2月03日
4 蠢く家族 2014年07月29日 Family Affair 2014年2月10日
5 映る影 2014年08月05日 Reflection 2014年2月17日
6 闇への飛翔 2014年08月12日 Fly Away 2014年2月24日
7 愛の教団 2014年08月19日 Sacrifice 2014年3月03日
8 導かれし者 2014年08月26日 The Messenger 2014年3月10日
9 仮面の下 2014年09月02日 Unmasked 2014年3月17日
10 背徳の手解き 2014年09月09日 Teacher's Pet 2014年3月24日
11 蘇る女 2014年09月16日 Freedom 2014年3月31日
12 届かぬ祈り 2014年09月23日 Betrayal 2014年4月07日
13 報いの谷 2014年09月30日 The Reaping 2014年4月14日
14 静かなる礼拝 2014年10月07日 Silence 2014年4月21日
15 贖罪 2014年10月14日 Forgive 2014年4月28日

参考文献[編集]

  1. ^ ザ・フォロイング”. WOWOW. 2013年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]