ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
The Royal Tenenbaums
監督 ウェス・アンダーソン
脚本 ウェス・アンダーソン
オーウェン・ウィルソン
製作 ウェス・アンダーソン
バリー・メンデル
スコット・ルーディン
製作総指揮 オーウェン・ウィルソン
ラッド・シモンズ
出演者 ジーン・ハックマン
アンジェリカ・ヒューストン
グウィネス・パルトロー
ベン・スティラー
ビル・マーレイ
音楽 マーク・マザースボウ
エリック・サティ
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ディラン・ティチェナー
製作会社 American Empirical Pictures
Mordecai Films
タッチストーン・ピクチャーズ
配給 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年12月6日
日本の旗 2002年9月7日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $21,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $52,364,010[1]
世界の旗 $71,441,250[1]
テンプレートを表示

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(: The Royal Tenenbaums)は、2001年製作のアメリカ映画である。ウェス・アンダーソン監督・脚本・製作。出演しているオーウェン・ウィルソンが共同で脚本・製作をこなした。ウェス・アンダーソンの作品で日本公開された初めての作品。

あらすじ[編集]

テネンバウム家の3人の子供たちは、長男はビジネスマンとして、長女は作家として、次男はテニス・プレイヤーとして10代のうちに成功し、天才児と呼ばれていた。しかしそれから20年後、彼等はそれぞれ問題を抱えていた。そんな時、死期が近いという父親の呼びかけで一緒に暮らすことになるが。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ロイヤル・テネンバウム ジーン・ハックマン 石田太郎
エセル・テネンバウム アンジェリカ・ヒューストン 谷育子
チャス・テネンバウム ベン・スティラー 堀内賢雄
マーゴ・テネンバウム グウィネス・パルトロー 五十嵐麗
リッチー・テネンバウム ルーク・ウィルソン 山路和弘
イーライ・キャッシュ オーウェン・ウィルソン 平田広明
ヘンリー・シャーマン ダニー・グローヴァー 坂口芳貞
ラレイ・シンクレア ビル・マーレイ 佐々木梅治
ダスティ シーモア・カッセル
パゴダ クマール・パラーナ
ナレーション アレック・ボールドウィン 磯部勉

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Royal Tenenbaums (2001)”. Box Office Mojo. 2009年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]